« ストマン | トップページ | 笑う門には福来たる »

悪意、皮肉、ユーモア、知性

明日は休み、久々に心配事の無い。

用事をチャッチャッと済ませて心の底からのんびりしたい。

国民的グループ(嫌いじゃない)より個人的に溺愛してる人ってことで、あの夜、タワレポとかいうので観たミチロウの配信インタビューがとても面白かった。

吉田豪の歯に衣着せぬ質問にあっけらかんと答えてて。

映画よりもザ・スターリンの話題が多めで、聞くのに勇気がいったであろうプライベートなことまで初耳な発言がバンバン出た。

ザ・スターリンのメンバーの話題では「達也のドラムは高校生の時から既に凄かった」とかタムとのお別れ(脱退以降、一度もあったことなかったらしい)にケイゴと斎場に行ったとかの言葉に嬉しくなったり、じーんと来たり。

JUNの在籍をウィラードじゃなくハロウィン(ウィラードの前身バンド)の後ぐらいと勘違いしてたり「北田君(INUのギタリスト)が居たのはいつだっけ?」とかあやふやだったりもして(笑)

「ライヴ中に冷静なのとイッちゃってたのとの比率は?」みたいな質問されて「チンコ出す前は冷静ですよ。出しちゃったら冷静じゃしょうがないもんね」なんて言って爆笑を誘ってた。

拡声器、爆竹、臓物etc

「ワン&オンリーで、此処でただごとじゃないことが起こってる感があった」という吉田の発言に「火薬の匂いとかね」と返してたのがツボだった。そうだよな!って。五感に訴えてたのが類を見ない存在だったと思う。

あと、はじめて知った『爆裂都市』のサントラ音源の存在ね。いぬん堂さん辺りに所在突きとめてもらって何とかリリースしてほしい。

Dscn8678

今、聴いてるのはザ・スターリンでもミチロウの諸々でもなくコレ。

DEAD KENNEDYSの1stアルバム、『FRESH FRUIT FOR ROTTING VEGETABLES (暗殺)』のCD。

そう、遂に見つけた、先月、高円寺ヨーロピアンパパで。

91年プレスのTOY’S FACTORY盤。

ブックレットに痛みがあるってことで格安。600~700円だったかな?

そんなの全然気にならなかった。長年、探してたんだもん。

Dscn8722


ライナーがミチロウなんだよ、コレ。(インタビュー形式。聞き手は小野島大)

同じシリーズで出たレックがライナーのリチャード・ヘル2ndは買ったけど、リリース時、スルーしちゃってずっと後悔してた。随分、遠回りしたけど25年近くを経てようやく入手。いつか、JUNがライナーのダムドも手に入れたい。

当時のミチロウは‟ザなし”スターリン時期だけど、ザ・スターリンでデッケネと並走してた頃のことを沢山話してる。他で聞けない話もあるし、良かった、入手出来て。

Dead Kennedys California Über Alles

ミチロウ曰く「イントロがザ・スターリンの『インテリゲンチャー』にそっくり(笑)」

言われてみれば。ちなみにデッケネの方が先だけど。

』の頃に、ジェロ・ビアフラ(ヴォーカル)と交流があったミチロウ。お互いに共通性を感じてシンパシーを抱いてたんだろうね。

バンド名から判るように悪意と皮肉、そしてユーモアと知性。

確かに近しいもんがあるね。

|

« ストマン | トップページ | 笑う門には福来たる »

PUNK」カテゴリの記事

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストマン | トップページ | 笑う門には福来たる »