« NO FUTURE FOR ME | トップページ | LA MOSCAが選ぶTHE GODの10曲 »

2016年4月28日 (木)

ひっそりと そしてあったかい・・・

♪またしても雨が降り出した♪

冷たい雨の一日。もうやんだかな?

すっかり平常心に戻れたつもりで居たけど、違ってたことに気づいた。

まだ、ダメ。揺らいでる。自分で判るもん。戻れてると思いこもうとしてただけだった。

でも、もうすぐ、だと思う。

あと少し。

シオンの曲で大好きな「あと少し」を貼ろうと思ったら無かった・・・。

コレ、スゲーいい曲なんだよな。ライヴ・アルバムやライヴDVDで観聴きした二番のみをアカペラで唄ったバージョンの方が強力に印象に残ってたけど、こないだ久々にオリジナル聴いたら、それもとてもいい、忘れかけてたけど。

早川岳晴のウッドベースと細海魚のフェンダーローズがカッコいい、スウィング・ジャズっぽいアレンジに乗って軽快に唄われてて。

♪何もしてくれなくてありがとう♪って唄い出しが何と言っても、サイコーだな。

Dscn8929

SION、92年の7枚目のアルバム、『蛍』の1曲。

初期の威勢のいいカンジとも、その後の骨太に力強くなったカンジとも違う、この時期独特の何ともやさしいカンジに深く思い入れがある。だいたい、このジャケットの表情がやさしさに満ち溢れてる。

見つけた何曲かを貼っておこう。

当然のことーSION

カントリー調のアレンジで正直に曝け出される弱くてどうしようもない自分。そして、そこから突き抜けていこうとする意志が見える。

SION/早く帰ろう

コレ、泣いたよ。最初に聴いた時。焦って頑張らなくていい。疲れたなら、ちょっと立ち止まってもいいんだ。そう思わされる。

螢 - Sion

そんなでも無かったタイトル曲が今回、やけに響いた。

一の坂川とはシオンの出身地、山口県にあって実際に蛍の名所らしい。

随分と、喋り過ぎてはしゃぎ過ぎてしまったけど、これからは大人しくひっそりとしたい、俺も。

そして出来ることならあったかく。

 

|
|

« NO FUTURE FOR ME | トップページ | LA MOSCAが選ぶTHE GODの10曲 »

戯言」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NO FUTURE FOR ME | トップページ | LA MOSCAが選ぶTHE GODの10曲 »