« 浮かれた後のクヨクヨ | トップページ | 言葉は裏切り »

65回目の4月2日に/♪そばに君が居れば♪

そんなことしても、そんなこと言っても、何も解決しないどころか余計、悪い方向に行っちゃうのに。

傍で人のことを見てるとそう思う。何で判んないのかなぁって。

でも、気づくと自分もやっちゃってる。

今日、思った。

たぶん、みんな判ってる。判ってるけどやっちゃうんだろう、きっと。

最近ね、ちょっとヤバいんだわ、俺。

精神的にかなりキテる。さっき言ったことと正反対のこととか言っちゃうし。で、言ってる時は心からそう思ってんの。

キャパシティー・オーバー。波がデカ過ぎる。

狂っちゃうのは嫌だ。何とかしないと。

Dscn8889

ファンの間で大きな話題となってる出たばかりのコレを俺も観た(お金が無いのでDVDのみ・・・)

RCの83年夏のツアーより6月25、26日に行われた渋谷公会堂(人気絶頂期で何で武道館じゃなくて渋公?と聞かれたチャボが「大衆と離れちゃいけないと思って」と言ってたのが面白かった)でのライヴを1曲を除いて(「SWEET SOUL MUSIC」。CD版には収録)フル収録したDVD、『KING OF LIVE COMPLETE』

タイトルは当時、同公演から抜粋してリリースされたライヴ・アルバム、『KING OF LIVE』の完全版って意味だろう。

RCサクセション「SUMMER TOUR’83 渋谷公会堂 ~KING OF LIVE COMPLETE~」(ダイジェスト映像)

コレは夢にまで見た映像だよ、俺には。こんなのがあるのを知らなかったからリリース情報を聞いた時は驚いたし嬉しかった。

81年以降のツアーで俺が唯一、観てないのがこのツアーだから。あっ、あと『カバーズ』の時のもか。要は地元の水戸を廻らなかった時。

『カバーズ』の時のはともかく、コレは残念だった、観れなくて。その頃は清志郎が体調崩してたなんて知らなかったから「なんで水戸来なかったんだろう?」なんて思ってた。

『KING OF~』聴いたら余計思っちゃって。スゴイ良かったから。何と言ってもラスト(実際のライヴではアンコール前の最後の曲)の「指輪をはめたい」の13分近くに及ぶ熱演。

エレクトリック編成になってからの定番で‟あの”『ラプソディ・ネイキッド』にも収録されたけど、当時はこのツアーの時のアルバム、『OK』で初聴きしたばかりのこの曲。この後、単発でやったことはあるみたいだけど、俺はとうとう生聴き出来なかった。ずっとこの曲で終わるRCを観たいと思ってた。TV放送されたライヴ映像は観たけど、こうしてパッケージ商品として残されたことがスゴイ嬉しい。名演だもん、コレ。このR&Bマナーに則った長い長いしつこい構成。終わりそうで終わらない、終わってほしくないと思わせるアレンジ。これぞ、RCってカンジ。

『OK』はガキだった俺には地味に思えてピンときてなかったけど、『KING OF~』の方はよく聴いてた。聴きなれた音の映像を観るのは不思議なカンジだな。30年以上を経た初見だから。

今になってみると『OK』はスゴイ好きなアルバムだし、観れたのは嬉しいけど改めて生で見れなかった悔しさも感じるね。

全盛期だもんねぇ、この時期が。それこそ、清志郎の状況も知らなかったし、バンドの雰囲気もメンバー(ブルーデイホーンズ含む)の出具合のバランスもいいし。G‐2がちょっと出過ぎな気もするけど、それもまた良しってことで(笑)清志郎とチャボは、もう神懸かり的にカッコイイ。特にチャボはこの頃がベストだと思う。ほれぼれしちゃう、観てて。

160401_172645


昔、30年ぐらい前、物凄い堕ちた頃、夜な夜なRCを聴いてたっけな。『OK』もその頃、大好きになった、「お墓」とか「うんざり」とか。『シングルマン』が特別な1枚になったのもこの時期だった。

いつもRCに助けられてた。

それは清志郎が居なくなっちゃった今も変わらないのかもしれない。少なくとも俺にとっては。

清志郎が居てくれて、好きになって(勿論、清志郎だけじゃないけど)ホントによかった。

しかし、33年後に観れるとはな。

途中でくたばらなくてよかったよ。

|

« 浮かれた後のクヨクヨ | トップページ | 言葉は裏切り »

戯言」カテゴリの記事

RC SUCCESSION」カテゴリの記事

コメント

頑張って
あんたのブログいつも見てるよ

投稿: ジュン | 2016年4月 3日 (日) 05時11分

>ジュン様
ありがとうございます。

投稿: LA MOSCA | 2016年4月 4日 (月) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浮かれた後のクヨクヨ | トップページ | 言葉は裏切り »