« 69回目の4月21日に / It’s 1969 OK | トップページ | NO FUTURE FOR ME »

25年目の4月23日に / 想い出を抱き続けることはできない

160423_070350

駅前の新聞屋の軒先に並べられたパンジーが綺麗だ。

毎年、パンジーを見ると5年前の今頃、おふくろに電気自転車借りて通勤してたことを思い出す。こんな時でも時間は止まらずに季節は巡って花は咲くんだな、なんて思ってた。

連続7連チャン、2周りめが終了。あとは少し、人間らしいまともなシフトに戻れる、筈・・・。

Cci20160423

一昨日のイギーの誕生日と共に、忘れないでほぼ毎年書いてるのが今日の日。

25年、四半世紀だよ、もう。

直前に来日して青白い顔を見せて帰って、俺たちが払った金で変なブツ掴んで死んだんだもん、忘れられないよ。

ニューヨーク・ドールズの1stが73年のリリースだからジョニサンが表舞台に居たのは18年。

俺が聴き出したのが84年ぐらいだから、その7年後に死んだのか・・・。

そこから四半世紀かよ。

そう考えると妙な気分になる、やっぱり。時間の感覚がおかしくなっちゃう。

だって、ずっと変わらず聴いてるから。

昨年は『イン・コールド・ブラッド』のデラックス盤をはじめ、遅ればせながらな90年のスタジオ・デモ集、そして映画のDVD とヤケにジョニサンものを買ったっけな。高円寺のあの辺で中古も幾つか入手したかもしれない。

Johnny Thunders - You Can't Put Your Arms Around a Memory

♪頑張ってみても馬鹿を見るだけ

 冴えたヤツならわかってることさ

 俺は頑張らなかった訳じゃない

 ただ何故そうしなきゃならないか

わからなかったんだ

 とても寒くてひとりぼっち

 お前が此処に居ないからだよ

 喚いて騒いでみたところで

 結局、俺は独りなのさ

 酷く不安なんだ

 柱に頭を打ちつけて

 骨の髄に残る正気を呼び出してみる

 傷跡はだいぶ癒えたけど

 まだ心は痛む

 それがすっかり消える頃にやっとわかるんだ

 想い出を抱き続けることはできない

 過去は引き摺っては行けない

 諦めなよ

 お前はただのろくでなし

 何も無いただのヤツ

 だって俺といつも一緒に居たじゃないか

 俺たち、似たもの同士だからな♪

Dscn3354_2_3

やはり昨年に高円寺で聴いたこのアルバムからベタ中のベタだけど、この曲を貼ろう。

そう言うけどさ、ジョニー。

俺は未だに貴方が好きで貴方の想い出を抱き続けてるよ。

たぶん、これからもずっと。

|

« 69回目の4月21日に / It’s 1969 OK | トップページ | NO FUTURE FOR ME »

NY PUNK」カテゴリの記事

コメント

お初にお目にかかります。ちょくちょく拝見しております。
ジョニーの死は、たしか「宝島」で知りました。鳥井賀句さんの記事ではなかったでしょうか。二五年というのは幽玄といっていいほどの年月。もうとっくに彼の年齢を越えてしまったな、とあたりまえのことに溜息をついてしまいます。
昨年の映画では、彼のギタリストとしての側面にも(わずかですが)光が当てられていて、うれしく思いました。ギブソンからシグネーチャーモデルが・・・・ないですね。

投稿: ethic1968 | 2016年4月24日 (日) 14時18分

> ethic1968様

はじめまして。
コメントありがとうございます。
ああ、宝島の。
賀句さんのアレが紙メディアでは一番早かったかも。
「さよならジョニー。この大馬鹿野郎!」とか書いてたヤツ。
シグネーチャーモデル、ありえない話じゃない気もしますね。

投稿: LA MOSCA | 2016年4月24日 (日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 69回目の4月21日に / It’s 1969 OK | トップページ | NO FUTURE FOR ME »