最近のトラックバック

« ALL I WANT IS YOU | トップページ | SOUNDS LOVELY LIKE A STOOGES TUNE »

2016年5月26日 (木)

ギミー・シェルター

めんどくせーことを考えてる人って沢山居るんだな。

こういう人たちの対応が俺の仕事。俺だけじゃなくサービス業とはそういうもんだよね、もはや。

そんなことをつくづく思う今日この頃。

暇で余裕があるんだろうな。あと冴えた頭も。

幸か不幸かどれも持たない俺はめんどくせーことは一切、考えない。考えられない。

いや、違うな。考える。考えざるをえないことがいっぱいあるから。めんどくせーな、と思いながら。

だから、考えなくていいことは考えたくない。考えなくちゃいけないことでも、なかなか答えの出ないこと、喜ばしくない答えの出そうなことについてもなるべく考えない。

好きにしてられる時が短いんだから、そんなことに時間とられたくねーもん。

そんな暇あったら、俺はミチロウやGODのことを考えていたいよ(笑)

Dscn8995


という訳で、代引き手数料ケチった所為で3日ぐらい遅れて届いたコレも映像の方はまだちゃんと観れてない。

ROLLING STONESの、95年のヴードゥー・ラウンジ・ツアーの終盤に行われた東京でのアコースティック・レコーディングやアムステルダム、パリ、ロンドンでのスモール・ギグの様子をシューティングした『TOTALY STRIPPED』

これらのレコーディングとライヴをまとめたアルバム、『ストリップド』の映像集。96年に日本でもTV放映されたドキュメンタリーの拡大版だね。

例によって各種あって、俺が入手したのはドキュメンタリーDVD、3公演から曲をピックアップしたCD、ボーナスCDの3枚組。

3公演をフル収録したDVDが3枚付く完全数量限定盤は高くて手が出なかった。物凄く観たい・・・。

だって、一昨日、チラッと確認のつもりで観たら、TV放映にはあった、アムスはパラディソでの「ギミー・シェルター」や「リップ・ディス・ジョイント」がダイジェストになっちゃってるし・・・。どっちも名演だったのになぁ。観たけりゃ一番高いの買えってことか?

どっちの曲も入ってるCDの方は繰り返し聴き続けてる。はっきり言って滅茶苦茶カッコイイ、生なカンジの音質も含めて。『ストリップド』でも聴けた曲もちょっと印象違ってて、オーバーダブも音の整理もしてないのがよく判る。

ビガバン・ツアーを除いて、スティール・ホィールズ・ツアー以降のライヴは毎回観てきたけど、個人的には一番印象の薄かったヴードゥー・ラウンジ・ツアー(席は2年前に次ぐグッド・シートだったのに・・・)でこんないい演奏してたんだな。

このツアーは中途半端だなと俺は思ってた。スティール・ホィールズの時のアップデートされたかっちりしたカンジと、かつてのらしさを程よくミックスしたつもりだったのかもしれないけど、どっちつかずに感じて。

この後のブリッジズ・トゥ・バビロン・ツアー~リックス・ツアーと、どんどんラフになってった時期が大好きだから。

もしかすると、ツアー後半にコレをやったことでラフな方へ進んでったのかもしれないな。「俺たち、まだ出来るじゃん」って。

それにしても、相当な爺様だと思って観てたけど、この時のミックとキースって今の俺の歳なんだよねぇ(笑)

20年以上経った今もまだやってるんだから勇気湧いてくるよ、マジで。

Rolling Stones - Gimme Shelter

先述のTV放映のギミシェル。コレは名演だよ。テンポを落としたどっしりした演奏、そしてリサ・フィッシャーのミラクル・ヴォイス。定番曲だけど、コレがベスト・パフォーマンスだと思う。

土曜の休みにじっくりDVD観ようかな。

俺もすべてのめんどくせーことから逃れてシェルターに籠って大好きな音楽に溺れていたいよ。

« ALL I WANT IS YOU | トップページ | SOUNDS LOVELY LIKE A STOOGES TUNE »

戯言」カテゴリの記事

ROLLING STONES」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ALL I WANT IS YOU | トップページ | SOUNDS LOVELY LIKE A STOOGES TUNE »