« この胸のリズムを信じて | トップページ | ナンバー・ワンよりオンリー・ワン »

2016年8月 9日 (火)

ねえ誰か この世界を 全部 洗って、全部 笑って

Dvc00005

さっきヤフー天気見たら、明日の熱中症指数、今日以上なんだな。

「厳重警戒 炎天下は避けてください」

一日中、炎天下に居るんですけど。しかもわがままな人たちが250名ほどお見えになるんですけど・・・。

今日は物凄い気温だったのに、好き好んで日立より暑い水戸へ出かけてしまった・・・。

やっぱり一日潰れちゃった。

嘘つかれたり、カンジ悪かったり、テキトーだったり、なめられたりしたけど無事、手続き終了。

Dscn9119


コレ流してる。

UA、99年の3rdアルバム、『turbo』

昨日のフィッシュマンズでぼんやり思い出して。

同年に亡くなったフロントマンの佐藤伸治に捧げた「ノハラソング」があるから。

UAのアルバムはコレの次の『泥棒』まで聴いてたけどこの『turbo』が一番好き。

ブログ始めた頃に書いたフェイバリット・アルバム100枚にも選んでる。

思いっきり、レゲエ、ダブ方面に行ったアルバム。

曲ごとにライター、参加ミュージシャンも違って(Green Genieこと鈴木賢司仕切りが4曲、馴染みの深い朝本浩文、青柳拓次、花田裕之が4、1、1曲、この後、AJICOで組むベンジーが2曲etc)、曲もバラエティに富んでるけど音の質感が統一されてるというか散漫な雰囲気はまったく感じない。

重心低めの気持ちいい音。高音キツめのキンキンしたようなのと真逆。でも不思議と重くない。

プライベート サーファー/UA

他にもいい曲たくさんあるけどアタマに入ってるコレもいいなぁ。このPVはちょっと違う気がするからシングル・バージョンかな?今日の記事タイトルに戴いた歌詞はよく思い出すよ。特に嫌なニュースとか知っちゃった時とか。

昔は「俺はレゲエは夏には聴かない」と天邪鬼なことを言ってたけど、やっぱりいいね、こういう季節に聴くと(笑)

|
|

« この胸のリズムを信じて | トップページ | ナンバー・ワンよりオンリー・ワン »

日本のロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この胸のリズムを信じて | トップページ | ナンバー・ワンよりオンリー・ワン »