最近のトラックバック

« LA MOSCAの選ぶ名ジャケット BEST15 | トップページ | YOU JUST LIKE A JOKER »

2016年11月15日 (火)

66回目の11月15日に/僕はもう後ろを見ない

2ヶ月連続で本社会議に顔出したのっていつ以来だろう?

今年はもう行かねーぞ、誰が何と言おうと。

一昨日の夜は俺を可愛がってくれてた叔母さんにお別れしてきた。

世間体やしがらみというより、世話になったからちゃんとお別れしなきゃと思って行った。

個人的にはそうあるべきだと思うけどね、こういうのは。難しいんだろうけどさ。

それにしても叔母さん、まだ67歳だったのか・・・。16年後には俺もその歳だよ、生きてれば。ウチの親父の歳まではあと9年。

いつも言ってるけど、ホントに可能な限り、好きなことしていかなきゃ。会議なんか行ってる場合じゃねえよな、っていうのは単なる逃げだな(笑)

Dscn9234


今夜はコレを聴いてる。

コマン・タレ・ブ?とスターリン28号、そして弾き語りによるライヴ音源で構成されたミチロウ、96年リリースの『愛と死を見つめて』

95年、戦後50年に行われた数回のライヴを収録の2枚のミニ・アルバム、『愛するためにはウソがいる』(コマン・タレ・ブ?)、『死んだものほど愛してやるさ』(THE STALIN 15)に続く3部作の完結編のフル・アルバム。リリース元は北極バクテリアじゃなく、チッタ・レコーディングス。

Dscn9235

99年にはこの3枚を編集してTHE STALIN 15のヤツと同じジャケ写真(微妙に色合いは違った)を使った同タイトルのアルバムが徳間ジャパンから出たけど俺は未入手。ミチロウ関連で数少ない持ってない盤のひとつ。いづれ手にしたいな。

COMMENT ALLEZ-VOUS? - アーチスト/マリアンヌ

コマン・タレ・ブ?名義ではあるけど、クレジットやデータから察するとコレは結成15周年と戦後50年を記念して95年8月15日に一夜のみ復活したTHE STALIN 15の日の音源だと思うんだよな、『死んだものほど愛してやるさ』と同様に。

「アーチスト」は俺が最もザ・スターリンを感じる曲。このバージョンも血気迫るカンジでいいなぁ。

1m3zh


いろんなミュージシャンが入れ替わり立ち替わりバックを務めたこの日、アンコールで登場したスターリン28号のENDO MICHIKO(笑)フォーカスだかフライデーに載ったんだよね、当時。28号は女性3人組のTHE NEWSがバックだったから女装したんだろうな。

なんて知ったフリして書いてるけど実は行ってないんだよなぁ、この日。映像無いのかな?観たいよなぁ。ウィラードのJUNがギター弾いたり、オオケンや仲野茂がゲストVoしたり、藤井一彦、今井寿、伊藤秀孝、JUN-GRAYなど錚々たる顔ぶれだったしさ。

COMMENT ALLEZ-VOUS? - Break On Through

まさか20年後にここでもギターを弾いてるナポレオン山岸と再び、この曲をやるとは思いもしなかったな。しかも日本語で。

当時は見逃したけど今度は観れた。ああ、THE END観たいな、また。

12月のミチロウの諸々は3年ぶりにM.J.Qを観ることにした。未だ観れてない羊歯明神、2年前に観たっきりのTOUCH‐ME、そして吉祥寺でのTHE END、水戸での経血と対バンにも後ろ髪引かれるけど我慢・・・。

バースデイ・ライヴは終わったかな?66歳かぁ。

何処までついて行けるかな?

遠藤ミチロウ - 聖なるかな願い

このアルバムの最後に弾き語りで入ってるのはこの曲。

ミチロウの敬愛する早川義夫のカバー。

怖いぐらい真っ直ぐだ。

« LA MOSCAの選ぶ名ジャケット BEST15 | トップページ | YOU JUST LIKE A JOKER »

戯言」カテゴリの記事

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« LA MOSCAの選ぶ名ジャケット BEST15 | トップページ | YOU JUST LIKE A JOKER »