最近のトラックバック

« YOU JUST LIKE A JOKER | トップページ | 愛しすぎてごめんなさい »

2016年11月20日 (日)

9年目の11月19日(の翌日)に/音楽の話がしたいのさ

Dvc00058

3週間ぶりの週末連休。

金曜恒例の5時間残業キメて数時間寝てインフル注射打った後、昨夜はKクンと呑んできた。

えーっと、前回は悪夢のタクシー帰宅の時だったから約3ヶ月ぶり。

いつものように楽しく熱く喋ってたら後半、睡魔が襲ってきて・・・。寝不足だな、きっと。それともあの店と相性悪いのかな?俺。

ちょっと不完全燃焼だったかなぁ。それでも楽しかったけど。Kクンもかなり話してくれたし。サルトル読んだってのにはビックリしたぞ。

今日はTSUTAYAでDVD借りてお菓子食って、と、普段どおりの休日。

ずっと音楽流しながら。

今日聴いたのはニック・ロウの『ジーザス・オブ・クール』と『レイバー・オブ・ラスト』、プリンズリー・シュワルツの『ニュー・フェイバリッツ・オブ・プリンズリー・シュワルツ』、ストーンズの『ライヴ・イン・テキサス’78』、ルー・リードの『アニマル・セレナーデ』、イギー・ポップの『ニュー・ヴァリュース』、スターリンの『ストリート・ヴァリュー』といったところ。

昨夜のKクンとの話題に出て思い出したモノやそこから連想したモノなんかだね。

そうそう、昨日は11月19日。

『奥行きの深い日々』、9周年の日。

Kクンは25歳だって言ってたから彼が16歳の時からやってることになるね。ストーンズで考えると、もう『ならず者』、ルー・リードの場合は『ロックン・ロール・ハート』、イギーだと『TVアイ・ライヴ』、ミチロウだったらザなしスターリン結成だ、9年で。

長いよな(笑)

この9年は平坦な9年間じゃなかった。公私共にいろんなことが(良いことも悪いことも)あったし、環境や自分自身の変化もかなりあった。

人生の起承転結の‟転”に居るなって実感もある。

ホントにいつもいつも言ってるけど、この先は出来る限り、好きなことをしてたい。

それは何かと言うと、当然、音楽を聴くこと、俺の場合。

近年、付き合いのある人たちに「変態ですよねぇ」とか「どんだけキチガイなの?」とか言われるほど好きだから、音楽が。他に興味のあるものなんて殆ど無いから。

いつも、ホントにいつも考えてる、音楽のことばかりを。聴けない状況の時でもほぼ常に脳内プレイヤーで鳴ってるしね、何がしか。鳴らしちゃいけないような時でもね(笑)

Dscn9237_3

今、聴いてるのはコレ。

PILの89年の9作目、『9』

9年目にちなんで(笑)

フラワーズ・オブ・ロマンス』を境に極北から反対側へ少しづつ歩を進めたPILの安定期のアルバム。

前作から参加のex.マガジン、バンシーズのジョン・マクガフ、ex.ポップ・グループのブルース・スミスなどのメンバーも実にいい仕事してて落ち着いて聴けるよ、コレは。

何と言うか、普通のバンドの普通の音楽ってイメージ。

それが物足りないっちゃ物足りないけど、‟あの”ジョン・ライドンが、ってカンジもあって新鮮だった、当時は。

なんか、そういう意味では同じ時期のミチロウ(ザなしスターリン期)に近しいものを感じる。

PIL - Warrior

アルバム中、一番、俺が好きなのはこの曲。

♪侵略者は多いけど

 俺は情け容赦しない

 此処は俺の場所だ

 絶対、降参しないぜ♪

俺も意地でも守るよ、自分の居場所は。

今日の記事タイトル。

80年、『エモレス』の時に、ローリング・ストーンの記者に「インタビューは受けないからレコーダーは止めて」って言って「じゃあ、どうすれば・・・」と返答した記者にチャーリー・ワッツが返した言葉、「君と音楽の話がしたいと思ってさ」から戴いた。

俺もさ、聴くだけじゃなくて話したいから(笑)

だから9年もやってるんだよ、大してアクセス数もないこのブログを。

まだ、もう少しだけやるつもりなので、何が面白くて読んでくれてるのか判らないけど(笑)読んでくれてる方は、もうちょっとお付き合いいただければ、と。

« YOU JUST LIKE A JOKER | トップページ | 愛しすぎてごめんなさい »

戯言」カテゴリの記事

ROLLING STONES」カテゴリの記事

SEX PISTOLS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YOU JUST LIKE A JOKER | トップページ | 愛しすぎてごめんなさい »