« Fairytail of 高円寺 | トップページ | THERE AIN’T SANITY CLAUSE »

2016年12月18日 (日)

He Passed It On / 73回目の12月18日に

Securedownload_2

「チャーリー・ワッツは絶対に死なないし、決して引退もしない。俺が許さない」

名言出た。近年、最大のヒット。

少し前のTVインタビューでも例のキューバ公演の話題の時に「オバマが前座だったんだよ」とカマしてたし、こういうこと言えてるってことは調子いいんだな、きっと。

Img_4285_zpspa3f5ghx

KEITH RICHRADS、今日で73歳。

先週のお出かけの時に購入して、東京に居る間に読み切ってしまったRolling Stone最新号の記事を昨日もごろごろしながら読み返してた。

スゲー面白かったから。

特集は勿論、今月はじめにリリースされたばかりの11年ぶりのアルバム、『BLUE & LONESOME』を受けてのモノ。

メンバー全員の最新インタビューの他にはチャボの全曲解説が良かったなぁ。とても心のこもった熱い語り口で。まあ、チャボっていう抜群な人選だけでオーケーだけどね。

Dscn9263_2


‟構想50年、レコーディングは3日間”って謡われてるこのブルース・カバー作、俺は聴くまで手放しで喜べない想いで居た。

「カバー?しかもブルース限定?そんなの新作のボーナス・ディスクにでもしろよ」って気持ちもあったし、「好きになれなかったらどうしよう?」という不安もあった。そして何より、ストーンズというと、二言目には「ブルース!ブルース!」言う連中が盛り上がってるのが面白くなかった。

ストーンズはブルース・バンドじゃない。

ブルースはルーツのひとつ(デカいけどね)。でもすべてじゃない。

ソウル、ファンク、レゲエ、カントリー、サイケ、ディスコ、果てはパンク、ヒップホップまで。

あらゆるモノをかっぱらって自分たちのロックン・ロールにしてきた音楽要素のひとつというのが俺の見解。

そんな想いもあって大して期待もしてなかった。

で、聴いてみたら。

凄い。

凄すぎる。

もっと年相応に、それこそ椅子に座って渋くやってるようなのを予想をしてたのに全然違う。

ギンギン。立つどころか勃ってるんじゃねーか?ぐらいに。

‟無理矢理気味のアップテンポものより、今の年齢ならではの枯れたムードの曲を”的なことを言い続けてきた俺だけど全面撤回。

ごめんなさい。まだギンギンです。

コレがこの人たちの年相応なのかも。

このアルバムについて書き続けるとまだまだ終わらなそうなので、それは日を改めて。あまりにも衝撃がデカくて持て余してる。

Keith Richards with Eric Clapton - Key To The Highway

たまたま隣りのスタジオに居て、今度のアルバムで2曲にゲスト参加したクラプトンを従えたキース、2013年のブルース・クラッシクのカバー。ちょっと揺れながらも豪快にザクザク刻むギターがキースらしくてカッコイイ。

そういえば、このアルバム、キースのヴォーカル曲が無いな。あとミックがギター弾いてる曲も。そんなのいつ以来のことだろう?

今日の記事タイトル。

先述のTVインタビューでも出た、キースが墓碑銘に希望してる言葉。

「彼は受け継いで引き継いだ」

こんなにキースにぴったりの言葉もそうは無いよな。

|
|

« Fairytail of 高円寺 | トップページ | THERE AIN’T SANITY CLAUSE »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

RC SUCCESSION」カテゴリの記事

ROLLING STONES」カテゴリの記事

コメント

ラ・モスカさん、はじめまして!
俺も同感です!
年寄りの暇潰しなのかな程度に舐めてかかってCDプレイヤーに入れた途端、鳥肌は立つは、正座してしまうは、何かを始めなきゃと焦ってしまうは、収拾がつかなくなるくらい驚いてしまいました!
こいつ等、こんなジジイになってからこんな本気の姿を見せんのかよ~って!

俺は遠く石川県は金沢市に住んでいるけど、ラ・モスカさんのブログをいつも見てますよ。
まぁ、微妙に違うけども大筋ではそっくりな趣味だし、いつも共感しながら、俺にはこんなに自分を曝け出せないなと感嘆しながら、一週間に一度位でまとめ読みしています。
俺は昭和40年生まれだから、ラ・モスカさんの方がちょっとお兄さん?

ブログをチェックするのを楽しみにしているので、ずっと続けてくださいm(__)m

投稿: セト | 2017年1月 8日 (日) 00時21分

>セト様

初コメント、ありがとうございます。

ストーンズはちょっと動揺するぐらい凄かったですね。
嬉しい驚きでした。

俺も40年生まれだから同い年じゃないですかね?

曝け出してますかね?やっぱり(笑)
ホントのこと全部は書いてませんよ(笑)ただ、嘘は書いてないだけで。
でも、真面目に言うと、「コイツ、こんなに明け透けに書いて馬鹿じゃねーか?」って思われるのを怖れてないのをアピールしてるのかも。
馬鹿だと思われるのを怖れるのがすごく嫌いなので。

いつまでとは言えませんがまだ続くので今後も読んでいただけると嬉しいです。
ありがとうございました。

投稿: LA MOSCA | 2017年1月 8日 (日) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Fairytail of 高円寺 | トップページ | THERE AIN’T SANITY CLAUSE »