« 宇宙に偶然なんてないんだぜ | トップページ | IT WAS A PLEASURE THEN »

2017年2月17日 (金)

ふらり ふらふら いつでも そんな はっきりとしない

金曜に残業ないの久しぶりだな。

えーと、4週間ぶりか。いいな、夜に部屋に居られるの。コレで明日、休みだと文句なしなんだけどなぁ。

今日は春一番が吹いて暖かいを超えて暑かった。で、当然明日は寒い、と。

どーでもいいけど皆、好き勝手言うよな。俺がいつまでもニコニコして黙ってると思うなよ。いや、黙ってるけどさ(苦笑)俺は‟人を憎む、嫌う、恨む”的な世界から身を引いたんだよ。何故って楽しくないから。時間が勿体ないから。ライフ・イズ・ベリー・ショートだもん。

と言いつつ、人に話を合わせて、ついつい悪口とか言ったりすることもあって・・・。スゲー後悔するよ、後で。反省じゃなく後悔ね。

なかなか100%自分の思ったとおりには行けないね、偉そうなこと言っても。揺らぐよ、常に。

Dscn9312

先月末にお茶の水で出会ったこのアルバムをほぼ毎晩、繰り返し聴き続けてる。

TRACY THORNがエヴリシング・バット・ザ・ガール結成以前に作ったソロ・アルバム、『distant shore~遠い渚』(82年作)

前記事に書いたけど、コレも偶然とは思えないタイミングで見つけられた。

 

僕が思ってるロックンロールは、人を驚かすような奇抜なカッコして、エレキギター持ってわめくだけの、そんな単純なもんじゃないからさ。僕はパンク以降に出てきた音、たとえばトレイシー・ソーンが独りでギター持ってやってるヤツとか、すごいロックを感じる訳よ

 

大好きで大好きで、何度も此処に引用したマーシーの91年の発言。

この時からずっと気になりつつスルーしてきて四半世紀以上を経てようやく手にした。遅いよね(笑)

ここ数年は忘れかけてたんだけど、ふと思い出して、ほら、今はこういう時代だから検索したらコレが聴けちゃって。

 

Tracey Thorn - Femme Fatale

ノックアウトだったね。この曲やってるだけでオーケーなのに「原曲以上?」ってぐらいに素晴らしい。

確かにね、ロックだよ、コレは。マーシーの『夏のぬけがら』や『HAPPY SONGS』、近年のましまろがロックなのと同じ意味で。

何と言うか、すごい揺れてて。

Everything But The Girl - On My Mind

俺の手にした90年リリースの日本盤にボーナストラックで収録されてたEBTGの初シングル曲。

この揺れ方はロック以外の何物でもないと思う。

 

ものすごく馬鹿馬鹿しい部分と、すごくマジな部分があったりして。その両方とも、やっぱロックンロールであって、僕は両方とも好きなのね。ホント矛盾してんだけど

だいたいロックンロールって、実体が無いもんじゃん?だから問いただすことの中から、ホントはロックンロールは生まれてくるんだよ

 

どっちも前述の91年のマーシーの言葉。スゲー共感。

Tracey Thorn - Simply Couldn't Care

ほな、どないせえゆぅね?ってカンジかな?

すごい気に入っちゃったな、コレ。中身を見事に表した清楚で憂いのあるジャケ画も含めて。

もう少し掘り下げてみたいな、この人のこと。

ああ、キリがないなぁ、音楽探究の旅は。

|
|

« 宇宙に偶然なんてないんだぜ | トップページ | IT WAS A PLEASURE THEN »

戯言」カテゴリの記事

日本のパンク」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宇宙に偶然なんてないんだぜ | トップページ | IT WAS A PLEASURE THEN »