最近のトラックバック

« LA MOSCAのレコ屋探訪④‐ココナッツディスク吉祥寺店 | トップページ | LA MOSCAが選ぶIGGY POPの10曲 »

2017年4月17日 (月)

もうすぐ終わりがやってくる

Securedownload_28

状況はいつも危機一髪

ホントにそうだなって思う。

で、俺はどうするんだろう?

昨日はほぼ1年ぶりにCLUB SONICいわきへ。

郡山~仙台を経てのTHE END、初のいわきソニック。

 

Securedownload_9

オーガニックでスピリチュアルなパーカッション×2と女性ヴォーカリストのトリオ、ラビラビとの2マンライヴ。

意外にも昨夜はラビラビ目当ての客の方が多かった気がする。

ミチロウの地元なのに、俺にしたってウチから小1時間の場所なのにアウェイ感あって何だか新鮮だった(笑)

Securedownload_4_2



結成のニュースを聞いた時に心躍って、CD聴いて興奮して。昨年3月、記憶に新しい今年1月に観たライヴ、こっそり聴いたその間のライヴ音源。どんどん好きの度合いが強くなってるTHE END。

Securedownload_5

最初は「ユーピン!ユーピン!」って騒いでたけど、ナポレオン山岸のウネリまくるギターはバンドの核だと思うし、関根真理のめちゃタイトなドラムは聴いててやたら気持ちいいし、もうバンドとして凄すぎる。4人の相性の良さもあるだろうけど、とても他にも活動のある人たちがやってるバンドとは思えないぐらいの一体感。それもまだ1年半しかやってないのに。

Securedownload_15

Securedownload_12

そのクォリティの高さに俺が連想するのはイギー・ポップの『ポスト・ポップ・ディプレッション』

イギーの方はソロ名義ながら完全なバンド・サウンドで、終末感からきてるであろう異様なまでの熱。

音楽性が斬新とかの上っ面な意味ではなく‟今”を感じさせるところも共通してる。変化しての今の音じゃなく継続の結果としての現在進行形。

Securedownload_3

たとえば「虫」でも「インディアンムーン」でも人気のある過去曲の再現ではなく今の曲として演奏されてると感じられる。俺、「今、一番聴きたい『虫』は?」ってもし聞かれたら「THE ENDの」って即答するよ、ザ・スターリンでもビデオスターリンでもパラノイアスターでもMJQでもなく。

昨夜の演目は「虫」~「BREAK ON THROUGH」~「HELLO I LOVE YOU」~「誰だ!」~「ALABAMA SONG」~「LIGHT MY FIRE」~「オレンジTIME」~「THE END」の本編にアンコールで「インディアンムーン」の計9曲。

ちょっと短かった気もするけど演奏が充実してたし大満足。あっ、ミチロウはたくさん間違ってたけど(笑)間違えて真理の方を向いて「俺?」ってして頷かれてたのがお茶目で可愛かった(笑)

Securedownload_1_2

「虫」は勿論、血気迫る名演だったし、ザなしスターリンの原曲はそれほど思い入れのなかった「誰だ!」も凄かったし、「アラバマソング」のどこかユーモラスなカンジもよかった(「俺を除く3人の今の心境の歌」ってミチロウは言ってた・笑)

本編ケツ2曲の♪暗い時代がやってくる♪から♪もうすぐ終わりがやってくる♪が怖いぐらいリアルだったな。

そうそう、演奏内容の充実は予想してたから興奮して舞い上がって聴き洩れ無きようにと、とにかく音に集中しようと思って臨んだ、昨日は。一音も聴き逃すまいって。

こんなにいい音出してるのに聴き逃しちゃ勿体ないもん。

THE END /2017.04.13 @郡山 ピークアクション

いわきの3日前の郡山での「虫」

こんな凄いのライヴだけじゃ、それこそ勿体ないよ。

音源化して形に残してほしい、絶対。

かつてミチロウが好きで今のミチロウを追ってない人へ。

THE END、ちょっとスゴイぞ。俺が保証する。

終わりが来る前に聴いた方がいいよ。

 

Securedownload_6

« LA MOSCAのレコ屋探訪④‐ココナッツディスク吉祥寺店 | トップページ | LA MOSCAが選ぶIGGY POPの10曲 »

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« LA MOSCAのレコ屋探訪④‐ココナッツディスク吉祥寺店 | トップページ | LA MOSCAが選ぶIGGY POPの10曲 »