« Yes Satisfaction Yes | トップページ | クズの中のクズ »

8年目の5月2日に

Dscn9389


気づけば5月。ゴールデンだよ、ゴールデン。

俺も‟金賞”レベルで働いてるよ、相変わらず。

片っ端から片づけて、どさくさに紛れてケツまくったり、ずるして人に押しつけたりしながら(笑)何とか月末まで突っ走って憧れの彼の地の土を踏むぞ!

新幹線って高校の修学旅行以来だな、きっと。つまり自分で切符買ったのはじめてってことか。遅いデビュー(笑)

振り返ってみたら、今日の日付けで清志郎のことを書いたことってあんまり無いんだな。4月21日4月23日11月15日12月8日はほぼ毎年書いてるけど。

ここ数年、2~3年か?ようやく余計なことを思わずに清志郎の唄を聴けるようになった。

つい先日、アラバキでチャボが『カバーズ』の曲を演目にしたライヴをやったって話も聞いたし、随分時間が過ぎたんだなぁって思う。

 

Dscn9384

もう3年ぐらい前だっけ?コレが出たのって。遅ればせながら、つい最近、聴いた。

72~73年、RCサクセションの、いわゆる‟暗黒時代”のカセット録音のライヴ音源をまとめた『悲しいことばっかり オフィシャルブートレッグ

正直言うと、俺は初期2作ぐらいまでのアコースティック期、‟ハードフォーク”時代のRCにはあまり深い思い入れが無い。一番好きなアルバムはこの後の『シングルマン』だったりするんだけど、やっぱり『ステップ!』以降のエレクトリック化してからのRCが断然好き。それはコレを聴いても払拭されなかった。

でも、スゴイけどね、勿論。

メンバー、編成、それに曲のスタイルや唄い方までエレキ化してからとは違うのに既に清志郎、当たり前に。独自で圧倒的。

RCサクセション/ぼくとあの娘   

ずっと後、人気も沈静化してメンバー間の熱も微妙だった時期の『ハートのエース』で掘り起こされて音源化された曲の初期バージョン。こういうのアルバムに必ずと言っていいほど入ってたよね。

ちなみに同曲についてはレコーディング中、作業後に帰宅した後、チャボから「あの曲を今やるのは何でだ?」って電話で問いただされたって清志郎は言ってた。「チャボは曲を唄うのに理由があるみたいで。俺は無いんだ、そういうの」

ウソだと思う。

微妙な関係になってしまった相棒に向けたメッセージだったっていうのは俺の病的な深読みだろうか?このアルバムにはチャボの『GLORY DAY』も入ってたしさ。

Dscn9387

今からは『悲しいことばっかり』と同じ人(黄桜の青年)が録って同曲も収録された02年の『ロック画報10』の付録CDを聴こう。

今年はいよいよ、そうだな、秋ぐらいになったら高尾に行ってこようかな?

|

« Yes Satisfaction Yes | トップページ | クズの中のクズ »

RC SUCCESSION」カテゴリの記事

コメント

LA MOSCAさん、ご無沙汰です。
5月2日ですね。ちょうどハートのエースを聴いてたとこ。
これはつまみ聴きしかしてないんですよね。痛い感じがあって。
深読みは、そういう感じがしますね。このアルバムから少しずつギクシャクが始まってたというか、チャボが溜まってきてたのかな、と。

投稿: goldenblue | 2017年5月 2日 (火) 22時42分

>goldenblue様

痛い感じ。
ホントにそう思うよ、俺も。
『BOOK』~『ハートのエース』~『RAZOR SHARP』の流れはハラハラしながら見てた。そんなカンジだったなぁ。
自分(と言うかRC)からちょっとずつ心が離れていって前みたいに一緒に大暴れしなくなったチャボに清志郎は寂しさを感じてたんじゃないかな?
その後の顛末を思うと最期の日々があってよかった。
もう少し先まで見たかったけど・・・。

投稿: LA MOSCA | 2017年5月 3日 (水) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Yes Satisfaction Yes | トップページ | クズの中のクズ »