最近のトラックバック

« BUT NOTHING COMES MY WAY | トップページ | DUST & BONES »

ロックン・ロールの馬鹿野郎

Dvc00140_2


ギミデン』の時以来の連休(しかも週末)初日の今日は、お彼岸ってことでおふくろと一緒に墓参りしてきて、途中で寄ったコンビニの喫煙スペースでこんなヤツ見つけて呑気に笑って帰ってきたら、超ド級の重い電話が。

アクシデント小休止中(解決したワケじゃない)の束の間の心の休息も許されないのか、俺には・・・。

しかし、コレどうする?どうなる?明日はどっちだ?

実は一週間ぐらい前に運動しててやっちまった腰は未だに痛いし、ホント、次から次へと心配事の絶えない日々。

ああ、もう、知らねえ知らねえ。どーにでもなれ!

クソほどアホくさいロックン・ロール聴いて忘れちゃおう。ほんのひとときでも。

Dscn9470

ダメだ、ジャケ見ただけで笑っちゃう、アホ過ぎて(笑)

CRAMPS、89年作の『STAY SICK』

まさかの日本盤リリース(東芝EMI!)もあって邦題は『病気宣言』(笑)俺が持ってるのは久保憲司の熱~いライナーと爆笑の対訳(斎藤真紀子・訳)付きのこっち。カセット・コピーで聴いては居たけど、盤を手に入れたのはごく最近。帯無しで1000円弱ぐらい。

俺がクランプスを聴いてたのはこのアルバムまで。ずっと聴かせてくれてた先輩(熱狂的ファン)と付き合いが途絶えて聴かなくなって。

でも、聴かなくてもわかる。この後のもきっとまったく同じ筈、いい意味で。むしろ、そうでなきゃ嫌だ。

ラックス死んで何年だっけ?8年か。ポイゾンがその後どうしてるかも俺は知らない。情報追ってないから。

でも、今でもこうして聴くと圧倒的にカッコイイ。他のこの手のバンドの追従を許さないぐらいに過剰にアホくさい(褒め言葉)

Cramps - Bikini Girls With Machine Guns

ね?つまんねえことでチマチマ悩んでるのが馬鹿馬鹿しくなる痛快なアホっぷりでしょ?いつもどおりのお馴染みのクランプス。

Cramps - Muleskinner Blues

この古いロカビリーはイギーもカバーしてたな。さすが直系。

Cramps - God Damn Rock'n'Roll

アイ・ドン・ケアだ。何でもいいからかかってこい!

« BUT NOTHING COMES MY WAY | トップページ | DUST & BONES »

NY PUNK」カテゴリの記事

戯言」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

腹立たしいことはR&Rを聴いて
忘れちゃいましょう!
クランプス!
インパクト強いのが来ましたねえ(>v<)!

自分も、今日の会議資料午前中に完成させて、
まだ月曜日までの資料が終わってなくて
土日だというのにモヤモヤ状態です(笑)。

今夜は行きつけの居酒屋に片山広明氏が来ているのに行けなかった(><)。
がっかりです(TT)。

>波野井露楠様

コレ書いた後、01時過ぎに電話×2・・・。
このぐらいアホアホ・パワーのじゃないと忘れられないカンジでした(苦笑)
なんと!片山コロちゃんが!
残念だったね・・・。
お互い、ロックンロールで乗り切りましょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BUT NOTHING COMES MY WAY | トップページ | DUST & BONES »