カテゴリー「ROCK」の418件の記事

BITTERSWEET

ファイナルカウントダウン・スタート。

その前に・・・。

さて明日

‟今回はあんまり歩き廻る予定無いし、雨でもいいぞ!”なんて強がり言ってたら、この有様。

泳いでいこうか?潜っていこうか?それとも船で渡るか?

ふざけたこと言ってると罰が当たって酷い目に遭いそうだから準備して寝よう・・・。

Dscn9518_2

コレ聴きながら支度しよう。

大好きな大好きなMATTHEW SWEET、スザンナ・ホフスとのカバー・シリーズはあったけど、単独の新作としては実に6年ぶりの『TOMORROW FOREVER』

俺としたことが出てたことに4ヶ月も気づかずに、ついこのあいだ、慌てて購入。日本盤が出なくなったのは08年の『SUNSHINE LIES』からだっけ?かなり意識的に情報求めないと知らずに時が過ぎてっちゃう。

印象的な装丁とタイトルはいいと思ったけど、最初はイマイチ、ピンと来なかった。近作同様、煮え切らない印象で。

Dscn9519

3回目ぐらいかな?「あれ?もしかしていいのか?コレ」って思えてきたのは。

密林のユーザー・レビュー読んだら、「いつもと違ってメロディーラインが荒っぽい」、「メロディーが戻ってる!」という正反対の意見があったんだけど、どちらも判る。

つまり曲によって差がある、と思った、俺は。

割とアップ・テンポもの、元気のいい曲に、がさつさみたいなのをちょっと感じた。特にアタマの「TRICK」と3曲目の「PRETTY PLEASE」。ギターは勢いあっていい音で鳴ってるんだけどね。前半にこういうのが並んでたから第一印象が良くなかったのかも。後半に進むほど良くなってくカンジ。

逆にスローだったりメロウだったりな曲はメロディーも冴えてるのが多い気がする。ズバリ、「BITTERSWEET」なんて曲もあるけど、ほろ苦くて倦怠感もあったりして、そこがいいなって。マシュー、俺と同い年だから、もう52歳だもんな。疲れてメランコリックで当たり前だ。ex.ゾンビーズのロッド・アージェントのピアノがいい味出してる4曲目の「HAUNTED」が個人的にはベスト・トラックかな?あとは泣きの強いラスト、17曲目の「END IS NEAR」だな。なんとなくアレックス・チルトンを思わせる2曲目の「ENTANGLED」もいいなぁ。

ここのところのアルバムには無かったカントリー・テイストの曲が復活してるのもいいなぁ。スチールギターやマンドリンまで入った7曲目の「COUNTRY GIRL」とかね。

Matthew Sweet - Finally

ドラムにバングルズのデビー・ギブソンが参加した何処かユーモラスな14曲目のコレもいい。こういうリズム・パターン、よく出てくるよな、ヤツの曲に。前述の「END IS NEAR」とかこの曲のタイトルもシンパシー感じる、タメ歳としては(笑)

デビーが3曲叩いた他はお馴染みのヴェルヴェット・クラッシュのリック・メンクがドラムを担当。リックのバンドメイト、ポール・チャスティンもいつものように参加。今回はお初のヤツも含めて(マシューも入れて)5人ものギタリストが参加してるのも興味深い。ギターの音に幅があって飽きない。

Matthew Sweet - Music For Love

元気のいい曲で一番好きなのは11曲目のコレ。これぞ、マシュー・スウィートってカンジでいい。

ガールフレンド』や『イン・リヴァース』のような名作!とは正直、思わないけど久々に聴きこめそうなアルバム。言っちゃうと04年の『リヴィング・シングス』以来かも。

52歳の等身大のマシュー・スウィート。

嬉しいなぁ。こういうの待ってたんだよ、マシュー。

| | コメント (0)
|

DUST & BONES

Securedownload_6

スゲー楽しかったな、昨日は。

暑かったけど。でも、おかげで酒も美味かった。

楽し過ぎて、今現在発生中の超ド級のアクシデント(ホントに物凄い勢いでかかって来られて参った・・・)もしばし忘れられた。

遂に、3年越しで会いたかった人に会えた。

シャイで寡黙な人って聞いてたけど沢山喋ってくれた、しかも嬉しそうに。

人が自分の大好きなモノのことを夢中になって話すってのは見てていいもんだね。こっちまでハッピーな気持ちになれる。

4つ下って聞いてたから世代的にガンズンかな?と思って言ってみたらまさにそうで、しばしガンズン談義した後、「さっき、ガンズンって言いましたけど、ハノイ・ロックスってのが居て、実はそっちの方が・・・」

こうやってお互いに探り入れながら話すカンジがまた楽しい。ここまで言って大丈夫な人かな?みたいな。

マドカプなんていう意外な名前も出たりして。あと清志郎も。

「私の音楽の師匠の●●先生はジョニー・サンダースと会ったことがある」とかビックリ発言もあったし。

「60ぐらいになったら仲間と‟老いパンク”をやろうと話してるんです」なんて言って笑わせてくれるし。

「生徒が『ロックが好きです』と言ってきても、それは私が思ってるロックとは違うので」という物凄い頷けることも言ってたなぁ。

話には聞いてたけど、ここまでとは。まさか娘の学校の先生がハノイをマーキーで観た人とは思いもしなかった。

思いもよらないことばかりで、ホントに面白い、人生は。

今度、呑む約束してきた。勿論、師匠も呼んでもらって。

今夜聴いてるのはコレ。

 

Dscn9495_2


GUNS’N ROSESの91年の『USE YOUR ILLUSION』のⅠとⅡ

ガンズン登場の頃に10代でリアルタイムだった先生に敬意を表して(笑)

此処にも書いた事あるけど実は1stより大好きな2枚。実際は2枚を1枚にまとめた「ラモスカ版」が好きなんだけど(笑)当たり前だよね、自分の好きな曲をピックアップしたから(笑)

Guns N' Roses - 14 Years

♪心配する日々はとっくに終わってる

 今はお遊びの時

 このキチガイじみた4年間で俺はシラフになれた

 たった1日であの14年を取り戻すのは無理だ

 正気じゃいられそうもないから出てってくれよ♪

Guns N' Roses - Dust N' Bones

♪ここには今、何の論理もない

 やらなきゃと思うことをやればいい

 自分自身の道を行け

 それでいいんだよ

 時は短く、お前の人生はお前のモノだ

 どうせ最後には俺たちみんな

チリと骨になるんだからさ♪

 

イジー・ストラドリンが唄う、この2曲が今の俺の心境にピッタリ。

チリと骨になるまで楽しもう、出来る限り。

445839d5292cfe64dc8f8f466d991fbe

未だにイジーは俺のファッションの師匠なんだよ(笑)

 

 

| | コメント (2)
|

I FEEL GUILT

本当はそうじゃないのはわかってても‟俺は正しい、間違ってない”と何でも自己肯定する図々しく神経の太い俺もさすがに‟コレはまずい”と思う今日この頃。

酷い罪悪感を感じながら日々を過ごしてる。

そうかと言って何か手を打つかと言うと、そうしないだろう、出来ないだろうことも自分でわかってる。

激しい自己嫌悪。

まずい。コレはホントにまずいよ。

Dscn9344_2


物凄い気分の揺れを感じながら、今日、何度となくリピートして聴いてたのがコレ。

MARIANNE FAITHFULLの90年リリースのライヴ・アルバム、『BLAZING AWAY』

マリアンヌの盤を初めて手にしたのは今年になってからという俺だけど、コレは実は出た頃から気になって欲しいとは思ってた。バック・バンドにフェルナンド・ソンダースが居たから。

27年を経て、雛祭りの日に渋谷(大っ嫌い)でようやく手に出来た。

いざ手にしてみたら、フェルナンドだけじゃなく、マーク・リボー、Dr.ジョンやガース・ハドソン(ザ・バンド)など錚々たる顔ぶれのバンドだった。

プロデュースはハル・ウィナーだし、レコーディング会場はブルックリンの教会だしで、NYのムードを強く感じる。フェルナンド、ハル・ウィナーなどルー・リード人脈が重要なポジションに居るのも目に付くし。

スウィンギング・ロンドンのシンボルのようなマリアンヌなのに、そのギャップが面白いというか俺的には最も興味を惹かれるところ。正直、あんまりいいと思ったことのない彼女のルックスも、このジャケに関してはすこぶるカッコイイし、見つけられて思い出せてよかった。

内容は静かに、けど力強く唄うマリアンヌを凄腕たちが手堅くサポートしてるといった印象。静かにとは言ってもお上品にしんみりと、ってカンジとはほど遠く、とんでもない緊張感が漂ってる。

堕落しきって倦怠感もあるのに凛とした気品もあって、何とも不思議なムード。惹きこまれるね、とっても。

曲は、あの「涙あふれて」や、「ワーキング・クラス・ヒーロー」や「シスター・モーフィン」をはじめ、どれもいいけど今日の気分で言うとコレ。

Marianne Faithfull - Guilt

♪私は罪悪感を感じている♪ってね。

軽口叩いてないで、何とか気分変えていかないとなぁ。

| | コメント (4)
|

夢見るグルーヴィン・タイム

Dvc00076

「お客さん、終点ですよ」

またまたやっちまった。

車掌さんに起こされたのってはじめてかも。昔、歌舞伎町の某・喫茶店で、深夜にテーブルに足放り出して寝てたら、パンチパーマのボーイさんに首根っこ掴まれて「入れ替えだ」って言われて起こされたことはあったけど(笑)

昨夜は若き友人、Kクンとサシ呑み。えーっと2ヶ月半ぶりぐらいに

今回は彼に予告しておいたけど(意識的に)喋りまくったよ、俺が。5月の今池の時の話をね。彼も「望むところです!」って言ってくれてたし(笑)

Dvc00075


もうね、自分で後半の寝落ちがなんとなく予測ついてたから前半から飛ばしまくって(笑)で、きっちり堕ちたっていう、〆のお茶漬け食ってる途中で(笑)

こないだのブルー・オン・ヴェルヴェット6月のバーミィーと、ここのところの外呑みの寝堕ち率は100%だな(笑)今池でも早朝のコンビニのイートインでKクンの友人、Yクンに介抱されたし・・・(苦笑)

そちこちに俺の面倒みてくれる人が居てありがたいやら恥ずかしいやら・・・。

でもスゲー楽しかった、昨夜も。Kクンも俺の隙を突いて話してくれたし(笑)

「GODって『常識』みたいな曲だけじゃなくて『FLOWER』とか『台湾経由』みたいな曲にもロックンロールを感じる」とかカッコイイいこと言うしさ。俺も同感。たとえば、『ROCK’N ROLL I.D.』ってタイトルの曲がああいう曲調なのとかもね。

まだまだ全然喋り足りなかったから(勿論、彼も喋ったからではなく俺の寝堕ちの所為・笑)、また呑もう、近いウチに。

 

Dscn9440


今夜はコレを聴いてる。

YOUNG RASCALSの67年作、ブルー・アイド・ソウルの名盤、『GROOVIN’』

いつかは、と思い続けて早幾年、先日、お茶の水の某店(近々、記事にするつもり)で入手。

The Young Rascals - GROOVIN'

♪あっさりと過ぎてしまうのは惜しい

 これ以上の幸せは考えられそうもない♪

「ア・ガール・ライク・ユー」も「高鳴る心」もパット・ベネターのカバーがヒットした「ユー・ベター・ラン」もいいけど1曲つったらコレ、断トツで。コレが盤で欲しくて買ったんだよ。

俺がこの曲を聴いたのはラスカルズへの敬愛を公言するヤマタツのカバー・バージョン、ではなくレイフ・ギャレットのだった(笑)

俺もグルーヴしてたよ、昨夜は。

夢見るほどに(笑)

| | コメント (0)
|

LA MOSCAのレコ屋探訪⑦-ヨーロピアンパパ

諸々を一気に思い出させられて現実を目の前に突き付けられた昨日、そしてコーネリアスの11年ぶりの新作の素晴らしさにそれを忘れさせてもらった今夜。

単純で馬鹿だなぁと思う、自分でも。でも、俺を救うことが出来るのは音楽だけ。いつも。

Dscn9413

ここ数日、繰り返し聴いてるのは、このアルバム。

GARLAND JEFFREYS、81年リリースの5枚目のアルバム、『ESCAPE ARTIST』

当時、まあまあ売れて話題にもなってたんだと思う、ジャケも結構見たし。でも聴かずに居て。

随分経ってから‟褐色のルー・リード”なんて呼ばれてたことを知り、コレは聴かなきゃってずっと探してて、ついこの間、ようやく入手。

ー・リードと言うより、スプリングスティーンやコステロ、実際にメンバーがレコーディングに参加したグラハム・パーカー&ザ・ルーモアとかに近い印象。当時の流行りの1つ、‟ストリート・ロック”(恥ずかしい言葉だけどさ)ってカンジ。デニス・ボーヴェルやリントン・クエシ・ジョンソンなんかも絡んでてレゲエ、ダブ風味もあって、あの時期のクラッシュ辺りとも共通点を感じるし。

ボーヴェル&ジョンソン、ルーモアのメンバーの他に参加したのはデヴィッド・ヨハンセン、エイドリアン・ブリュー、ブレッカー・ブラザーズ、ノーナ・ヘンドリックス、そしてルー・リードという錚々たる顔ぶれ。

今、聴くとサウンドに若干、80年代独特のチープさを感じるところもあるけど曲、演奏、それに勿論、ジェフリーズの唄がスゲーいい。かなり気に入ったよ、コレ。

どれもいいけど一番キたのはこの曲。

Garland Jeffreys - R.O.C.K.

ロックンロール・バンドに憧れた少年時代を唄った歌詞。死ぬよりも酷い運命から俺を救ったのはロック、と唄われてる。

 このアルバムを手にしたのは大好きな此処。オーナーの長沢さんが「コレ、俺もアナログでたくさん聴いたなぁ」って言いながら渡してくれた。

Securedownload_5

高円寺のあずま通りにあるヨーロピアンパパ

パパはこの時が初めてだから、通い始めて2年半ぐらい。高円寺に行けば大抵覗いてる。時間に開いてなかったり、急遽の休みだったりもするけど(笑)遅くまでやってるから(14:00~23:30)ライヴ観た後に寄ったりとかもして。

Securedownload_41_2

もう、高円寺着いて、ホームからこの看板見えただけでワクワクするもんね。「今日は何が出るかなぁ?」って。

Dvc00020

Securedownload_8

かなり雑然としてるし(先日、お邪魔した時に長沢さんが「ちょっと整理したんですよ。見やすくなったでしょ?」って笑)、レコード棚にはレコ詰め過ぎで取り出しづらかったりするんだけど(笑)、じっくり掘れば必ず何かは見つかる。今まで何度も何度も嬉しい出会いをしてるもん、此処で。そして値段が安いのも魅力。音楽愛は勿論、音楽ファンへの愛情も感じる。今や希有な存在だよ、長沢さんは。TV、新聞等のメディアで度々取り上げられてるのも伊達じゃない。

Securedownload_7

ということでツーショット(笑)

俺が汗かいて疲れ切った顔してるのは散々掘って沢山手にして、そこから泣く泣く枚数絞った後だから(笑)

Securedownload_9

俺もいつかウェンディT、手に入れたいな。

Dscn9412

今からは「よかったら聴いて」って一緒に渡してくれた新童リュージ(ヨーロピアンパパ)の隠密録音盤を聴こう。「ユー・ガッタ・ムーヴ」や清志郎の「サンシャインラブ」のカバーもあるゴキゲンな稲生座でのライヴ。今夜もペンギンハウスでライヴだったみたいなんだよな。そのうち観に行こう、きっと。

割引券貰っちゃったし、店にはまた来月も行こう!

| | コメント (4)
|

LA MOSCA旅日記 / LET THE GOOD TIMES ROLL

日曜に休みなのって久しぶりだな。そっか、名古屋の時以来か。

諸々をしばし忘れて緩々で過ごした休日。

久々に高円寺を満喫した1週間前の日の旅日記を書こう。

 

Securedownload_4


平日の早い時間はさすがに人が少なかったなぁ。時期が時期だけに半ば諦めてた天気もサイコーで気分よかった、歩いてて。

Securedownload_1

いつも真っ先に向かうレア。スタンプ2倍デイだったのに何も買わなかった。こういう時に限ってこうなんだよなぁ。でも、ディンガリングスのOSUさんに遭遇。「後で行きますね」って言ったら「今日、何処だっけ?」っていうナイスな返しを戴いた(笑)ライヴ終わった後、「さっき何か買ったんですか?」って聞いたら「買ってない」ってOSUさんも(笑)

Securedownload_5

Securedownload

Securedownload_5_2

Securedownload_15


いつものところをいつものように覗いて廻って(GATE行き忘れた!)、ライヴの前呑みを此処で。

Securedownload_12

高円寺一休はこの時以来だな。

Securedownload_13

Securedownload_14

一休の日(19日)だったから、ほとんどのメニューが半額で、笑っちゃうぐらいに安かったよ。

Securedownload_41

ショーボートでもゴキゲンに呑んでライヴ後に向かったのはお初のコチラ。

南口へ出てカラ鉄の路地を挟んだ1軒先の2階、アジアの料理とお酒&ROCKの店、バーミィー

Securedownload_40

クセの強いアジア料理が苦手な俺に「絶対、ラモさん向きだから」とご同行の方が強力に勧めてくれて。

Securedownload_36

Securedownload_37

店内の至る処に所狭しと並べられたおびただしい数のレコード。その数、何と1万1千枚!2枚目の画像、厨房前に乱雑に積み重ねられたカセットテープがまたそそる。なるほど、コレはラモさん向き(笑)居心地いいこと、この上なし。

Securedownload_38

俺の座った席の脇の壁に大量に貼られた写真は‟世紀を越える大企画”の時のモノだろうね。俺も参加したかった!

リクエスト受けてくれるって言うのでレコード物色してたら「探すより言ってくれた方が早い」ってことで(笑)ディンガリングスのカバーを聴いてきたばかりの『ヴェンチレイター・ブルース』が入ってる『ならず者』をお願いすると「普通のでいいの?」だって(笑)言うことがいちいちサイコー。

昼間から呑み続けてた所為かハートランドビール1本で早々と潰れて退店。此処は絶対にまた行きたい、すぐにでも。次回は見つけられなかったドールズの1st、聴かせてね、マスター!(笑)

 

 

Securedownload_43

バーミィー出てきたら、何やらイカシたギター&歌声が聴こえてきて。さっき観たばかりのSADAが広州市場の向かいで唄ってた。「持ち時間が長い」とか言ってたけど唄い足りなかったのかも。SADAさん、また聴きに行きますね!

Dscn9313

今、聴いてるのはコレ。

リリース当時(72年)、ロック界にニューオリンズ旋風を巻き起こしたと言われるDr.JOHNの『GUMBO』

ずっと欲しいと思いつつ、今年の始めに茶水の赤黒でようやく手にした。

有名な『アイコ・アイコ』も後にクラッシュも『サンディニスタ!』でカバーしたスタンダード、『ジャンコ・パートナー』もゴキゲンだけど今夜の気分はこの曲。

Dr. John - Let The Good Times Roll 

いろいろあるけど、いろいろあるからこそ、こんな気分で。

 

| | コメント (0)
|

NYはシケた街だがマクシズ・カンサス・シティだけはちょいとしたもんさ

昨日は全然ヤラれなかった

警戒してる時って意外に大丈夫なんだな。でも、このまま穏やかにいく筈もなく・・・。まあ、それは今は考えたくない。今、考えなきゃいつ考えるのよ?って自分の中のにこちゃんが言うけど、俺、こまったちゃんの方が好きだから別にいい。

3週間になってしまう名古屋の日に入手(買ったモノ&貰いモノ)した音源が多過ぎて聴ききれてない今日この頃。やっぱり8連チャンは長すぎる。

気に入ったのは繰り返し何度も聴いちゃうしね。とりあえず、もう少しだけでいいから時間が欲しい。

Dscn9405

今週の月曜に届いたコレも繰り返し聴いてる1枚、いや2枚(2枚組)

『max's kansas city 1976&BEYOND』

古くはヴェルヴェッツ、イギー&ザ・ストゥージズ、ニューヨーク・ドールズも出演したNYの伝説のライヴハウス、マクシズ・カンサス・シティがリリースしたNYパンク黎明期のバンドを集めたコンピレーション。

日本盤の値が張るから輸入盤でと思って早めに密林に注文したのに発売日をとっくに過ぎた頃に「入荷予定なし」のメールが来て、仕方なく日本盤を注文(密林じゃなく黄色の店で。お誕生日クーポン使って・笑)してようやく聴けた。

コレ、当時、日本盤LP出たんだよな。ミュージック・ライフのアルバム・レビュー読んだのをおぼろげながら憶えてるもん。あの頃は情報量が少なかったし、自分の吸収力も高かったから雑誌も隅から隅まで読んでたなぁ。「いつか手に入れたい」と思いながら読んでたんだよ。まさか40年後に実現するとはな(笑)諦めなくてよかった。

今回の復刻は30曲(!)追加のヴォリューム・アップ版だけど、オリジナル・レコードに入ってたペル・ユビュが収録を拒否したらしく未収録なのがちょっと残念。でも追加曲にはドールズ、ハートブレイカーズ、ギャング・ウォー、イギー、ニコ、シド・ヴィシャス&ジ・アイドルズなんかもあって大満足。決定版だな。

チェリー・ヴァニラ、スーサイド、ハリー・トレドといったネームバリューのあるところが勿論、突出してるけど、どれもいい、俺的には。あの時代のNYが感じられるから。どミーハーだからさ、こういうフィーリングの。

でも、まあ1曲つったらコレだな。

Wayne County and the Backstreet Boys - Max's Kansas City 

NYドールズ、パーソナリティー・クライシス、バッド・ガールズ、ルッキン・フォー・ア・キス、トラッシュ、ハートブレイカーズ、ゴーイング・ステディ、パイレート・ラヴ、パティ・スミス、ルー・リード、イギー・ポップ、ブロンディ―、ディー・ディー・ラモーンetc

おかまの怪人(時代を考えると相当にガッツのある存在だった筈)、ウェイン・カウンティーによる、固有名詞出まくりのマクシズ賛歌。

愛に溢れててサイコーだ。

もう1曲、このコンピに入ってないのは勿論、NYパンクとは一見、無縁なこのバンドのこの曲。

Aerosmith - No Surprise

微妙な時期の微妙なアルバムの1曲目

バンドの成り立ちを明け透けに唄った歌詞がいいんだよなぁ。ここで唄われるデイヴィスとは当時、コロムビアの社長だったクライヴ・デイヴィスのことだろうし、‟傷跡に痺れてる”ジョニーはサンダースだろうね。最初はエアロもドールズも同じ場所に居ただろうから。いいなぁ、こういうの。ロックン・ロール・ドリームってカンジで。よし、もう1回聴こう。

| | コメント (0)
|

LA MOSCAのレコ屋探訪⑥-BANANA RECORD名駅店

「御茶ノ水に出張中。キッチンカロリーに来てみました。何もかもが衝撃で笑いながら食べてます(笑)」

若き友人、Kクンからのメール。

行ったなぁ、寒い日に。ユニオンお茶の水駅前店の時だ。俺も今、思い出しても笑っちゃう。また行きたい、そのうちに。

昼休みに来た、このメールのおかげで午後はちょっとだけモチベーション上がった。ありがとう、Kクン。

そうだ、もう二週間以上経ってしまった名古屋の日 ワイルドハニーの前に立ち寄ったレコード屋のことを書いておこう。

Securedownload_12

バナナレコード名駅店。

新幹線降りて、真っ先に向かったのが此処。豊田大橋に行く前に。駅からほど近いはずなのに、辿り着くまでにちょっと手間取ったのは俺の事前調査が雑だから(苦笑)

Securedownload_8

でも、階段昇って行く時には、時間が勿体なくて焦ってた気持ちも忘れてウキウキ。こういう雑居ビルの狭い階段昇るのって好きだなぁ。

バナナレコードは名古屋周辺をメインに8つの店舗を持つ地域の中古屋ってカンジかな?

栄町にあるのが本店のようだけど、名駅店も28年の歴史がある老舗らしい。とりあえず、‟昔ながらの街の中古屋”って雰囲気で居心地がいい。

Securedownload_10

LPにも心惹かれる盤が幾つかあったんだけど、この後の大移動のことを考えて(荷物になるので)自粛。『BURNING AMBITIONS』は持ってるのに「買ったろうか!」っ思っちゃうぐらいの金額だったなぁ。かなり、後ろ髪引かれたよ。

Securedownload_9

何だかヤバいオーラを感じたこの辺は見て見ないフリ(笑)とんでもないの見つけちゃうかもしれないから(笑)

Securedownload_11

結局、CDのみを4枚購入。ずっと探してた盤もあったりでなかなかの好成績。

Dscn9408

タイミングのいいことにバーゲン中で、2000円以上購入で全品20%オフ。計3050円也。

Dscn9407

今、流してるのは、その中の1枚、JERRY LEE LEWISの『18 Original ‟SUN” Greatest Hits』

はじめてだな、この人の盤を手にしたの。コンピとかで聴いたりで、曲は幾つか知ってたけどね。

前記事で取り上げたチャック・ベリーもそうだけど、ロックン・ロールのオリジネーターをちゃんと聴いておこうと思って、最近は。

エルヴィスバディ・ホリー、エディ・コクラン、リトル・リチャード・・・。次はボ・ディドリーだな。

他の人はともかく、ジェリー・リーはコレ1枚でもいいかもな。悪くないけど、18曲ぐらいでいいかも。

Jerry Lee Lewis - Whole Lotta Shakin´ Goin´on

Jerry Lee Lewis - Lewis Boogie

そうは言ってもカッコイイね、こうして聴くと。

でも、他にも聴きたいものが山ほどあるからさ。

まだまだ見えないね、ゴールは。

| | コメント (0)
|

ロックン・ロール、好きになってよかった。サイコーだよ!

Dvc00064


一瞬、キリスト教に鞍替え(何から?)しようかと思ったよ、嘘だけど。

小6の時に♪アイ・アム・アン・アンチ・クライスト♪ って曲に電気走って、そのまま40年(!)痺れっぱなしで来た男としては、そう簡単にクリスチャンになるワケにはいかねーもんな。

ボコボコにヤラレまくった今週、今日は束の間の休日。次の休みは月曜。明後日じゃなく来週のね。

そう、来週は8連チャン。真ん中辺りで今週より派手にヤラレそうな予感・・・。でも、へーき。俺にはロックン・ロールがあるから。

Dscn9392

いつものごとく、ぐーたらで過ごした本日、1ヶ月近く前に購入したコレを読んだ。

ロックジェットの69(!)号、チャック・ベリーの追悼特集号。

俺はチャック・ベリーは全然、熱心に聴いてこなくて、手元にある音源もほんの少しだけど、何となく買っちゃったんだ、コレ。

他にもこの手のモノが出てるのかもしれないけど、チャボ、鮎川、プライベーツの延原が語るチャック・ベリーが読みたかったからかも。特に延ちゃんだな。この人のこういう話はいつも面白いから。マニアックでミーハーで。

買ったのを忘れかけてたのに何故、思い出して読んだかというと、昨日、38年ぶり(!)の最終アルバム、『CHUCK』が発売になったのもあるけど、2週間前の今池ハックフィンでTHE GODがこの曲に乗って登場したから。

 

Chuck Berry - Roll Over Beethoven

GODがチャックを登場S.E.に選んだことにぐっと来たよ、ウチで滅多に聴かないクセに(笑)ああいうシチュエーションで聴くと、普段と違う感慨抱いちゃうよなぁ。

Dscn9404


でも、今日はジェット読みながら、久々にコレ聴いた。

チェス時代の28曲入りベスト、『the Great Twenty‐Eight』

ロックン・ロールの基礎がみっちり詰まってる。カッコイイよ、やっぱり。サイコーだな。

笑っちゃうぐらいのワンパターンだけど全然気にならない。

『CHUCK』は今はまだ買わないつもり。もう少し時間経ってから、何処かの中古屋で出会いたい。

それが俺の、このロックン・ロールのパイオニアに対するスタンス。死んだからって理由で浮かれて手を出したくない。

そういえば、ネットで聴いたリード曲、「BIG BOYS」がこれまたまったく一緒で笑ったなぁ。こうじゃなくちゃね。

そうは言ってもホントは多少あるんだけどね、違うタイプの曲が。

 

Chuck Berry - My Ding-A-Ling

今池でもサイコーのプレイを聴かせてくれた俺が敬愛するドラマーの現在、在籍するバンドの1つがバンド名にした、この文字どおりの珍曲にして最大のヒット曲とかね。

この曲が入ってるアルバムも見つけなきゃ。

遺作より、まずこっちが先だな。

| | コメント (0)
|

LA MOSCAのレコ屋探訪⑤-WILD HONEY

ピンポイントで土砂降りにやられて始まった6月。

ウチ出た時、ポツリポツリと落ちてきたと思ったらすぐ雨足強くなって傘がまったく役に立たなくなって。で、電車乗り込む頃には止んでるっていう。ちなみにウチから駅までの所要時間は約10分。

タイミングばっちり過ぎて、もはや笑うしかないレベル。

今月も素晴らしい1ヶ月になること間違いなし!

まだまだ名古屋遠征の余韻に浸る毎日、今夜はコレ。

Securedownload_15

レコ屋探訪、5件目の今池にあるワイルドハニー。

せっかく名古屋に行くんだからと事前調査して、橋の下も早めに切り上げて出向いたんだよ。レコ屋巡りはそりゃ楽しいけど、何パーセントかはネタ作りだった、正直言って。

でも行ってよかった!

1年以上、ずっと探してたアルバムがディスプレイされて俺を待ってた。

Dscn9402

BIG STAR結成前夜の69年、メンフィスでレコーディングされたもののお蔵入りとなって、96年のBIG STAR再結成のタイミングにリリースされたALEX CHILTON、幻の1stアルバム、『FREE AGAIN;THE ‟1970”SESSIONS』

昨年のはじめに超遅ればせながら初めてビッグ・スターを聴いて、リンク貼った記事を書いた時にyoutubeで、この曲を見つけてからずっと欲しかったんだ。

ALEX CHILTON - Jumpin Jack Flash

奇をてらったワケでもないのに原曲と全然違ってて、でも原曲の良さも感じられて。なのにチルトン本人のアクも思いっきり出てる、カバーかくあるべしな名演。と言うより何より、このやさぐれた声と唄い方が滅茶苦茶カッコイイ。

密林とかで買おうと思えば買えるけどやっぱり店で手に取りたいから。日本盤は新品だとちょっと値が張るしね(笑)

ちなみに此処でもう1枚買ったのがフィーリーズの『CRAZY RHYTHMS』(輸入盤・紙ジャケ)で、奇しくも一昨年に出たORKの音源を(ほぼ)コンプリートしたボックスに入ってた2組。何だかとっても嬉しかったな、一緒に買えて。

Securedownload_3

Securedownload

Securedownload_2

ワイルドハニーは縦長で広くはないものの、あんまりゴチャゴチャしてなくて、とても見やすいカンジのいい店だった。アナログは荷物になるから、最初からあんまり探す気なくて、ちょっとしか見てない。見つけちゃったら大変だからさ(笑)

気の良さそうな店主と顔馴染みっぽい?女性客とのやりとり(「今かかってるの何ですか?」「そこに唄ってる人(すぐ近くの得三でライヴのあった、コーヒー&シガレッツのヴォーカル)が居るよ」。)を聞きながら漁ってると、今池で待ち合わせてた地元の歳若き友人、Kクンの大学時代の友だち、Yクンがやってきてハックフィンに向かうべく退店。

名古屋に行ったら是非、また寄らせてもらおう。

Alex Chilton - Free Again

ORKボックスにリメイク・バージョンが収録されてたタイトル曲。断然、こっちの方がいい、ガチャガチャしてなくて。

♪Took My Life In My Hands♪ねぇ。

今の気分にぴったり。

このアルバム、すごく良かったから気が向いたらまた記事にしよう。

| | コメント (2)
|

より以前の記事一覧