カテゴリー「銀魂」の196件の記事

怖がる自分に負けたくないよ

Dscn7765

雨の11月初日。

ノーヴェンバー・レインだな。

まだ前説ぐらいの段階なのに早くも呑まれ気味。気持ちも揺れたし。もっとしっかりしないと。

明日と明後日は4時半起きして5時台の電車で出勤。さっさと切り上げて寝よう。

一昨日の前倒し平日休暇の時にこの映画を観た。

 

劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ

Dscn7775_2

『銀魂』はブログのカテゴリーを作るぐらいにメチャクチャ好きで、コミックもDVDもコンプリートしてジャンプも毎週、オンタイムで読んでた。途中までは・・・。

今、ブログ読み返してみたら、最後に記事に書いたのはちょうど1年ぐらい前だったんだな。

コミックは12年7月の45巻が最後。もう10巻以上買ってない。DVDはそれより前から観なくなった。TVアニメはほぼ全部観たけど後半はあまり印象に残らなかった回も少なくない。そしてジャンプもその頃に買うのやめちゃった。

正直言って飽きちゃったんだよね。やっぱりギャグもので週イチ連載で10年以上はキツいと思う。シリアスモード高めな長編ストーリーも最初は面白かったけど似た展開が多かった気がする。

未だ連載は続いてるけど、人気あるうちは続けさせたいのか、それとも空知本人がまだ書きたいのか・・・。

個人的には‟もう、いいや”ってカンジになってたんだけど、昨年夏に公開されたこの映画は観ておきたいと思ってた。‟アニメ完結篇”ってことだったし、書下ろしだし。

まぁ、あまり過度な期待はせずに巨大プレッシャーの前に緩いひとときをと思って観たんだけど。

はっきり言って笑いどころは殆ど無いし、パターン化した展開とも言えるし、途中で先が読めたし、オチも(たぶん、誰でも)判っちゃうカンジではあったんだけど。

でも良かった!久々だったから?それもあるかもしれない。けど、それだけじゃない。‟最後”ってことで空知もスタッフも力入れたのが伝わってきた。

お妙さんとさっちゃんと月詠の絡みとか泣いちゃったしね。

下品でスケベで汚くてオヤジギャグ満載だけどお人よしで情が深くて一本気な『銀魂』の世界観が俺は大好き。もうちょっと経ったらコミック、少しずつまた読もう。

Dscn7774_2

こういうガシャポンとかも随分やったなぁ、いい歳して(苦笑)

下の土方フィギュアは元上司がくれたモノ。UFOキャッチャーで取ったって言ってたな。

Dscn7773_2

映画用の主題歌も勿論あってそれも流れたけど、最後の最後にアニメの最初期の主題歌だったコレが流れた時にじーんと来ちゃった。

Tommy Heavenly⁶  - pray

もっとバンド系だったり、ロック寄りの主題歌もあったけど、コレが一番というかほぼ唯一好き。

さて終わり終わり。

明日に備えて下品さとスケベさとオヤジギャグでは負けてないグループ魂でも聴いて寝よう。

| | コメント (0)

LA MOSCAが選ぶ 人生に影響を与えた45曲 その39

131106_065321


今朝、ウチの脇を流れる川で見かけたつがいの鴨。

春にもこの辺で見かけたヤツらかな?毎年、つがいで居るのを見るけどいつも同じ二人?鴨って何年生きるんだ?そして何故、この汚い川が好きなんだろう?

いろいろ不安やら葛藤のある日々だけど、朝日が差し込む中をそよそよと泳いでる姿を見てたらかなり和めた。

Dscn7196

昨夜知ったコレの為にさっき慌ててローソンへ。『エリザベスまん』数量限定160円。坂田家のすき焼きをイメージしたらしい“豚すき焼き味”は意外と美味い。もう1回食ってもいいかも。

ウチでジャンプ買うのやめてから『銀魂』全然読まなくなっちゃったなぁ。コミックも5巻以上、未入手。近いうちにまとめて買ってこよう。

ほぼ1ヶ月ぶりの、人生に影響を与えた45曲を書こう。その39。

90年代後半になると今度は邦楽も面白いアーティストが出てきた。

ホフディラン、スーパーカー、ギターウルフ、マッドカプセルマーケッツ、斉藤和義etc。

もう少し前から居たけど俺がニブくて(苦笑)この時期に気づいたモノも含めて。刺激的だったな、この時期は。

椎名林檎 - 正しい街

Dscn3617

椎名林檎もそのうちのひとつ。彼女の1年ほど前に登場したUAとどっちにしようか悩んだけどインパクトってなるとこっちだなぁ。

97年、デビューアルバム『無罪モラトリアム』の1曲目。

アルバムの前に3枚ほどシングルが出てるけど、この曲がこの人のスタートの曲だと俺は思う。

聴こうと思った切っ掛けは、勿論、林檎ちゃんが若くて(当時18歳)可愛かったのもあったけど(笑)、そのセンスと才能にブッ飛んだよ。“こんなの聴いたことない”感も満載だったし。

「真夜中は純潔」のアナログ12インチを最後に聴かなくなっちゃったし、アルバムとしては次の2nd『勝訴ストリップ』の方が全然好きなんだけど一番衝撃だったのはこの曲。

♪忠告はすべて今、罰として現実になった♪って歌詞は今、聴いてもやっぱりスゴイと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

苦節35年、ようやく入手(笑)

130328_094802

今日は数日ぶりに暖かかった。

やっぱり気分も上がるね

桜は今週末が見ごろらしいけど日曜、雨の予報・・・。俺、今週、日曜しか休みないんだよなぁ。降らないでほしいな、なんとか。

『銀魂』のアニメが最終回だった。“夏公開の映画でアニメは完結”ってアナウンスもあったし、今度こそ再開は無いのかな?「飽きてきた」とか言ったものの、いざ終わっちゃうと寂しい。めちゃ、いい話だったし、今日の。定春が可愛すぎる!銀さんがカッコ良すぎる!ちょっと泣いちゃったぞ(照)ジャンプで読んだ時はピンと来なかったのにな、ニブくて(苦笑)

そういえば、ジャンプ今週号のエピソード、なかなか面白い展開だった。相変わらず汚かったり下品だったりするけど、近藤と土方の意表をつく転換っぷりはヒット。続きが楽しみ。

Dscn6723

今、聴いてるのはコレ。

ACE FREHELEYの1stソロアルバム。

78年、キッスの人気絶頂期にメンバー4人が同時に出したソロの1枚。

昨日、紹介したラモーンズと一緒に密林で¥851という安値で購入。テープコピーで音は持ってたけど盤を入手したのは初めて。当時、「エースのが一番カッコイイ」と思ってずっと欲しかったんだけど、何故か今まで買わずに居た。リリースから35年を経て遂に!ってカンジ。感慨深いな(笑)

俺は最初に買ったロックのレコードがキッスだったんだけど、はじめはジーンが好きになった。あの判りやすいキャラは小6のガキにはうってつけだったんだな。段々、他のバンド、パンクとかも聴き出して、エースがカッコイイと思うようになってきて。実はプロ根性を持った芸人揃いのキッスの中で一番、チャランポランなロックンローラーだっていうのも判ってきたし。ギターも決して上手い訳じゃないし、カチッとキマらずにルーズでだらしないクセに堂々としてていいんだよなぁ。そして何よりも、あの低速ヴィブラート(笑)唄はギター以上に下手だけど(笑)吐き捨てるようなプラスティック・ヴォイスは聴き心地がとてもいい。アルバム中のエース・ヴォーカル曲の比率が増えるとちょっとキツかったけど(苦笑)

でもコレ、久々に聴いてみたけどやっぱりいいな。ポール&ジーンの両頭体制の影に隠れた第3の男に甘んじてたエース、相当気合入れて作ったんだろうな。プロデュースもキッスの名作を数多く手掛けたエディー・クレイマーだし。この人はかなりエースのことを買ってたんだよね。

ACE FREHELY - RIP IT OUT

アルバムのトップに収録のゴキゲンなロックン・ロール。全編に参加して、その後、何かとエース、キッスと縁の深かった、アントン・フィグのドラムがスゴイ。

ACE FREHELY - NEW YORK GROOVE

全米12位という、メンバー中一番の大ヒットを記録したシングル曲。カバーだけどカッコイイ。

Ace Frehley - Fractured Mirror

「割れた鏡」(ジャックスか?・笑)という、らしくない(笑)詩的なタイトルの、アルバム最後に収録のインスト。曲名に偽りなしの繊細でイマジネイティヴな力作だと思う。

それにしても、13歳の頃に欲しいと思って、正直、忘れかけてたこともあったモノを今になって買うとはね。執念深いね、俺も(笑)

あと3枚揃えられるのは何年後だろう?(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Let’s Do The Time Warp Again!

今日は出勤。まぁ、祝日は大抵そうなんだけど。

休みの日は平日とは違ったストレスがあって疲れる。俺は平日の方が好き、忙しくても。

それにしても昨日ほどじゃないけど今日も暖かかったね。コレはコレで異常だよなぁ。アレかね?四季の概念ってのは崩れつつあるのかね?風情がなくなっちゃうよねぇ。

Dscn6708

二日遅れの、久々の“今週の『銀魂』 表紙だ、映画の宣伝も兼ねた。公開日が決まったんだね、夏かぁ。

正直言って、最近飽きてきてるんだ、『銀魂』。連載は欠かさず読んでるし、アニメも大体は観てるけど、コミック買わなくなったし、DVDも借りなくなっちゃって。

こういうギャグもので9年もクオリティー保つのは難しいのかもね。大爆笑する頻度は確実に減った。シリアスな続きものも最初は新鮮だったけど、どうも似たような展開が多い気がするし。

そんなこと思ってたら、今度の映画版、全編描きおろしのアニメ完結篇みたい。原作でもアニメでも語られなかった過去と未来が交差する・・・。3年前の1作目は観てないけど、コレは是非観たい。でも連載はまだ続くんだろうな・・・。

“過去と未来が交差”で無理矢理繋げるのはコレ。

Time Warp - Rocky Horror Picture Show

Dscn4809

大好きな『ROCKY HORROR SHOW』の曲。元々はイギリスの小劇場で始まったロック・ミュージカルだったのが好評につき75年に映画化。映画でもほぼ舞台版のキャストとスタッフで製作。近年、日本でも舞台化されてるみたいだけど、このキャストは交換不可能な気がする。

The Rocky horror picture show Sweet Transvestite

やっぱり、フランク・フルターはティム・カーリーじゃないと。このエレベーターから降りてくる時の表情とかサイコーだよな。あと、カメラに酒かけて、カメラ目線するトコも。

Dscn4623

コレに先立つ74年に公開されたブライアン・デ・パルマの『ファントム・オブ・パラダイス』もそうだけど、時代の所為もあってか強力にグラム・ロックの雰囲気がするね。けばけばしくて如何わしくて、そのうえチープでカッコイイ。

そういえば、銀魂、今週は男女、性逆転の話だった。オチの神楽に笑わされた、パターンだけど(笑)どう続いてくのかちょっと楽しみ。まだまだ笑わせてほしいな。

The Rocky Horror Picture Show Science Fiction,Double Feature

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽しく生きる それがすべてだから

相変わらず寒いな、毎日。明日、この辺、雪なの?いよいよ、今度こそ降るか?

昨日、書こうと思いつつかったるくてやめちゃったネタ。

『銀魂』がもの凄い面白かった。久々の大ヒット。銀魂読んで声立てて笑ったの、いつ以来だろう?ずっとポテンヒット・レベルだったもんなぁ。ズンボラ星人のジャージ屋って何だよ、いったい(笑)ブッ飛び過ぎ!こういう下品でオッサン臭くてガキ臭くてバカみたいなのが俺は一番好き。またこういうのがあることに期待。

昨日、何故、かったるかったかというと、イライラ、モヤモヤしてたから、一日中。ネチネチと愚痴っぽいこと書きたくなかったし・・・。昨日、笑ったの、銀魂読んだ時ぐらいだもん。

今日はすっきりしてるかというと、そうでもないんだけど・・・。

なんか、何処までも続いてると思ってた道が行き止まりだった、みたいな気分。

引き返して別な道を行くしかないな。気は重いけど。

Dscn6683

今、聴いてるのはコレ。

BLANKEY JET CITYの『ロメオの心臓』 98年作。

すっかり、自分の中でブランキー熱が再燃しちゃってるけど、先日のランキング記事で1曲も選ばなかったのはこのアルバムだけ。一番、思い入れ薄い、個人的には。結構、売れたみたいだけどね。ちょっと前に聴きかえしてみた時もやっぱり、あまりいいと思えなかった。打ち込みモノがあるからって訳じゃなく、なんか散漫なとっ散らかった印象。定番の、アップテンポ曲もピリッと来ないし・・・。唯一、いいのはジャケットだね(笑)

Dscn6684

やっぱり達也が一番、似合ってる(笑)さすが、日本一のキャッチャー(笑)

Blankey Jet City - ハツカネズミ

一番好きなのはこの曲。アルバムの最後を飾る、2曲前に入ってる「ドブネズミ」のインスト・バージョン。達也は、もしかすると照井も演奏には不参加っぽいけどいいなぁ。3人でやってる唄ありの「ドブネズミ」よりも。映画のエンディングみたいなイメージ。エンドロールでも流れてそうな。間に入ってるのは「小さな恋のメロディ」って曲(シングルにもなった)だし、アルバム自体が架空の映画のサントラ的な感覚で作ったのかも。

貼った動画はアンオフィシャルだけど見事なまでにぴったり。今の俺の気分にも。

ブログのタイトルって、大抵、貼った曲の歌詞から付けたりするんだけど困ったな、今日のは・・・。

BLANKEY JET CITY - パイナップルサンド

アルバム・トップのコレから戴こうかな?

正確には“明るく”だけど、俺の気分的にはちょっとニュアンス違うから“楽しく”で。

ホント、すべてだよ、それが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥行きの深い名古屋パンクス

いよいよ始まったよ、今年も。

緊迫の数日間。

絶対、失敗出来ない。

気を引き締めなくちゃ。

コレが終わればパティ・スミスが俺を待ってる。

いや、俺がパティ・スミスを待ってる、だな(笑)

今日は『銀魂』のアニメが久々に新作だった。

昨年10月に再開されたものの、最初の3回ぐらい新しい話をやった後、ずっと放送済みのヤツだったから嬉しい。『一国傾城篇』スタート。コレでしばらく続くね。久々に満喫出来たよ。

Dscn6593

『銀魂』と言えば、正月絡みで変な日に出てたジャンプ今年最初の号を数日前に読んだけど、ここしばらく続いてたネタが終了。最終的に沖田が美味しいトコ持ってったな。あんまりのめり込めないエピソードだったけど最後は良かった。まだまだ楽しませてほしい。次のエピソードに期待。

Dscn6447

今、聴いてるのはコレ。

原爆オナニーズの89年のコンピ盤。『ESSENTIAL』

原爆はあんまり持ってなくて、一番好きな『Nuclear Cowboy』もテープ・コピーしか無かった。

ちょっと前に無償に聴きたくなって友だちにコレ借りた。殆どコレに入ってるんだよね、『Nuclear~』の曲。

バンド創設者の良次雄に誘われて加入して、すぐ一緒にスタリーンに移籍して、すぐ一緒にクビになった(笑)達也が、GOD、マスベ等を経て再加入してた時期のアルバム。

全部カッコいいけど、やっぱりタイトル曲がサイコー。

原爆オナニーズwith 中村達也 - NUCLEAR COWBOY

ちょうど1年前の達也がゲスト参加した時のライヴより。

しかし、カッコいいタイトル付けるよな。良次雄の付けたバンド名に始まる、このセンスの良さが好き。あとジャケット・デザインのすれすれさも(笑)

51ngldl2xnl

サイコーでしょ?コレの他だと『パンクロックの素晴らしき世界 - ONANIES AT LAST』っていうのも素晴らしかったな、ジャケのダサさも含めて(笑)

原爆絡みの達也ネタで面白いのをひとつ。

ブランキー時代のインタビューで、プロデューサーの土屋昌巳に「思いっきり叩きゃいいってもんじゃないよ」と言われたらしく、力いっぱいになった原因を「原爆に入った時、自分では無茶苦茶デカい音で凄いドラマーだと思っとったんだけど、ぼそっと『おまえスネアの音小っちゃいな』って言われて腹立って(笑)」と説明してた(笑)

達也らしいよね(笑)

ホント、名古屋のパンクスは奥が深い(笑)

サイコーだなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

LOVE IS STRONG AND YOUR SO SWEET

家の中が納豆臭い。

すっかり寒くなって閉めきった部屋で食べたからだ。

納豆に混ぜるのは葱より白菜の漬物の方が好き。

どーでもいいよね(笑)

基本、朝御飯っぽいおかずが好きなんだけど朝はパンを食べるから晩御飯にこういうのをよく食べてる。

もっと、どーでもいいね(笑)

月曜。“今週の『銀魂』”

最近、『銀魂』読む時は、ブログに書く為にどんな音楽ネタにこじつけるか考えながら読んでたりして純粋に楽しめてない気がする。我ながらかなりバカだな、と思う(苦笑)

でも今週はそんなの忘れて楽しめた。大爆笑まではいかなかったけど、ずっとクスクス笑いっぱなしだったよ。

銀さんと星海坊主のコンビってサイコーだな。バカだしカッコ悪いけど。でもキチガイみたいに神楽を愛してるんだね。カッコイイ。

「愛なんてそこら中に転がってるネ。でも、あのバカどもは地球(ここ)にしか転がってないアル」

The Rolling Stones - Love Is Strong

なんだかんだ言って今週もこじつけ(笑)

Dscn6446

“愛、愛・・・”って考えて、真っ先に浮かんだ、ROLLING STONES、94年、『VOODOO LOUNGE』からの先行シングル曲。

何度か書いたけど、個人的にはイマひとつなんだよな、このアルバム。この曲自体もそうでもない。貼ったPVもあんまりカッコイイと思わなかったし。

でもこうして聴くと悪くない。キースの匂いがプンプンするタメの効いたビート。寸止めしてるみたいな、いやらしいミックのヴォーカル。

昔、真島昌利のソロ・ライヴ観た時、ちょうどコレが出た頃だったのかな?MCでこのPVのこと言ってて。

「50過ぎても、ドクロのシャツ身に付けてバカみたいなんだよ、キースが。俺もあんなジジイになりたい」

宣言どおり、なったね、マーシー(笑)

俺もこんなジジイになりたい。

あと少しだ(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大の大人が・・・

121029_170532

仕事帰りの電車から太平洋に浮かぶデカい月が見えた。

キレイだったなぁ。最寄り駅でパチリ。ピンボケだけど(苦笑)

ハロウィンって明日だっけ?今夜はキッスを聴いてる。

仕事上、沢山の若い子たちを毎日見てるんだけど、この夏あたりからやけに目に付いたのがキッスのTシャツ着用の子。

こんなに好きなヤツ居る訳ねーよな、大体、よく知らなそうな子が大半だ。

したら、流行ってるんだってね、普通にファッションとして。

小6で初めて買ったロックのレコードがキッスだった中高年のおじさんも着たことないのに・・・。あっ、でも欲しいと思ったことないかも(笑)

しかし、判らないもんだね。こんなもんが流行るとは。

Dscn6434

メンバーの仲が険悪だったのもあって、全員同時のソロアルバムを出して、しばしの活動休止を経て79年にリリースされた『DYNASTY』(邦題は“地獄からの脱出”)

それまでとは音の質感がガラッと変わってAORみたいなカンジで、中2だった俺は大いに失望したんだよ、コレ。よく聴くと、ポールの曲がディスコっぽかったりメロウだったりした以外は曲自体はそんなに変化してないんだけどね。今、聴くとカッコイイと思える曲も多いし。特にソロでシングルが売れて自信つけたエースの曲ね。

誰もそんなの望んでなかっただろうに、ちょっと大人っぽい路線狙ったのかなぁ?ポールのディスコ曲「ラヴィング・ユー・ベイビー」は大ヒットしたものの、ライヴの動員も低下して此処から凋落してくんだよね。メンバーチェンジやメイク辞めたりとか混迷してって。

96年のフルメイク、オリジナルメンバー復帰での大復活劇なんて予想もつかなかったよね、この時期は。

エースとピーターは再脱退しちゃったけど未だにキッスは活動中。最近、新作出たばかりだよね、確か。

さっき、ちょっと調べたら、ポールが60歳でジーンが63歳なんだね、今現在。

よくやるよなぁ、ホントに。大の大人がする芸風じゃないのに(笑)前にも書いたことあると思うけど、もう、ポールとジーンが出来なくなっても世襲制にしてずっと続ければ面白いと思う。実際、他の2人は既にそんなカンジだし(笑)100年でも200年でも続けるといいよ。

月曜恒例“今週の『銀魂』”

予想どおり、銀さんと星海坊主が大暴走。大の大人なのに(笑)

キッスみたいに失敗しちゃうから、大人の階段なんか昇らずにケツの青いガキのまま突っ走ってほしい。今さら親父ズラなんてかぶらずに(笑)

KISS-2000 Man

アルバム中、一番ロックしてるエースの唄うストーンズのカバー。大きい声じゃ言えないけどストーンズよりこっちのバージョンの方が好き(笑)

もう1曲。

Kiss - Dirty livin'

ピーター作のハードでソウルフルな曲。カッコイイ。キッスで一番、唄が上手いのはヤツだな、ドラムは下手だけど(笑)

Dscn6428

『銀魂』といえば、一昨日に出先で見つけて思わず回してしまったガシャポン新シリーズ。

トッシー・クリーナー。

他にそそられるのあったけど、もう回さねーぞ、俺も大の大人だから(苦笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ハートに火をつけて

今日も昨日に続いてピーカンで気温も上がったね。

職場の制服の衣替え、その年の気候に応じて決めるんだけど今年は今日から冬服。お約束のように初日は暑い。そういうもんなんだろうな。動き回ってたら暑くて黒コゲになりそうだった(笑)

Dscn6422

月曜恒例、“今週の『銀魂』”

神楽に彼氏が?

遠い星から心配で様子見に来たお父さん(星海坊主)の身も心も、そして頭も(笑)真っ黒こげに。

つられて“監督不行届”な銀さんも黒コゲ。

「白髪はハゲねーと思ってたら大間違いだぞ!ジャ●おじさんを知らねーのか?」

「そのキン●マみてーな頭を一旦冷やせよ」

酷すぎるハゲネタとシモネタ。

でもこれでこそ『銀魂』

次週、このバカ大人二人がどれだけ脱線するのかが今から楽しみ!

Dscn6423

今日の記事タイトルは『銀魂』のサブタイトルをそのまま戴いた。「ハートに火をつけて」つったらコレしかないでしょ?

The Doors- Light My Fire

エド・サリバン・ショーに出演した際、♪Girl, we could’nt get much higher♪という歌詞を変更するよう求められ(麻薬使用や性的ニュアンスを感じさせるからだっけ?)、承諾したものの、変更せずにそのまま唄って波紋を呼んだエピソードも有名な、ドアーズの大ヒット曲(ビルボードで1位獲得)にして代表作。

ジム・モリソンは殆ど曲作りにタッチしてないらしいけど、それでも代表作なのに違いはない。ロック史に永遠に残るだろう名曲。こんな曲が1位になったんだからロックが幸せな時代だったんだな、67年というのは。

ザ・スターリン時代にカバー・バージョンを残したミチロウはこの曲を聴きながらオ●ニーしてたって言ってたけどホントかよ?(笑)まぁ、それぐらい危険で官能的な曲だったんだろうね。

ところで空知(『銀魂』作者)はドアーズ知ってるのかな?ロック好きの漫画家も珍しくない昨今、彼からはロック好きな匂いを全然感じなかったんだけど・・・。

誰か聞いてくれないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

I’LL BE YOUR MIRROR

あ~、もうチマチマ考えるのやめた。

自分の今の気持ちに正直になろう。

可能な限り、思ったとおりに生きていこう。

それで損したり、恥かいたり、苦しいことがあっても・・・。

恥さらしついでに言うけど、昨夜、もの凄いスケベな夢見ちゃった(恥)

えげつなさ過ぎて、とても詳細は書けない(苦笑)

夢って目覚めた時は鮮明に覚えててもすぐ忘れたりするでしょ?でも妙に覚えてる、今回のは。夜になっても(笑)

夢にありがちな、“もう少し”なところでの目覚め。今夜、続き見れるかな?(笑)

3日遅れの“今週の『銀魂』

俺の夢以上にえげつなかった(笑)

胸毛に尻尾にズラ。

さっちゃんこと猿飛あやめの1LGK(LONG GINTOKI KIN●AMA)を見つめられる聖域は早々と打ち砕かれた・・・(笑)

それでも懲りないのがさっちゃん。

カワイイ。変態だけど(笑)

Dscn6417

今日、放送のあった再開3夜目のアニメもさっちゃん、良かったな。ていうか、皆カッコよかった。ジャンプでもコミックでも読んだけどまたぐっと来ちゃったよ。

121018_144707

相変わらずラテ欄、こんなだけど(笑)負けずにえげつないな、こっちも(笑)『金魂』は来週、最終回だそうだ(笑)

さっちゃんの“マジックミラー”にちなんでコレ聴こう。

The Velvet Underground Nico - I'll be your mirror

Dscn3786

VELVET UNDERGROUNDの、かの有名な1st、通称『バナナ』に収録された綺麗で素敵なラヴソング。

曲を書いたのは勿論、ルー・リードだけど此処で唄うのはニコ。お気に入りというか自信作なのか、後々、ルー本人が唄うライヴバージョンもいくつか残ってるけど、ニコの抑揚のない淡々としたヴォーカルがいいんだよな。

♪僕は君の鏡になろう

 君の姿を映す

 君の鏡になろう

 そして君の本当の姿を映し出すんだ♪

うーん、いいなぁ。

ちょっと前向きになれたかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧